あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

Threadsアプリが初のメジャーアップデートを行い、多くの新機能が搭載

Metaは、Twitterに対抗するため、テキストベースの新たなSNSである「Threads」をリリースしており、早くも多くのユーザーを獲得した。だが、このアプリはリリースが性急だったのか、Twitterと比較すると、様々な点で機能に劣っていることも否めない。そのことに関してはMeta自身も感じており、多くのユーザーからの希望をプラットフォーム上で募っていたThreadsだが、今回初のメジャーアップデートをリリースし、ユーザーが求めていた様々な機能を提供している。

Threadsアプリがユーザーの希望する幅広い機能を提供

Threadsアプリの最新アップデートでは、アクティビティフィードに新しい「フォロー」タブが追加され、ユーザーは誰が自分をフォローしているかを確認できるようになった。これにより、ユーザーはフォロワーに簡単にアクセスできるようになり、フォローし返すべきかどうかを判断できるようになる。また、フィードの読み込み時間の改善や、フォローされていないユーザーを購読する機能も追加された。もう一つの大きな追加機能は翻訳だ。その他を含む更新内容は以下の通りとなる。

  • 翻訳
  • アクティビティフィードのフォロータブ
  • フォローされていないユーザーを登録
  • アクティビティフィードのスクロールと読み込みの改善
  • スレッド返信ページでのフォロー+表示
  • タップ可能なリポスターラベル
  • IGフォロワーリストを開く
  • いくつかの小さなクラッシュの修正。
  • より多くのバイナリサイズのカット
  • その他の小さなバグの修正

興味のある方は、App StoreまたはPlayストアから今すぐThreadsアプリをアップデートできる。なお、アップデートが可能になるまでしばらく待つ必要があるかも知れない。

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする