iPad Proは2024年に大幅刷新、有機EL、ガラス背面、更に高速なMagSafe充電対応などが期待される

masapoco
投稿日
2023年1月23日 17:53
Apple iPad Pro hero 2up 221018

iPad Proの大幅刷新は2024年になりそうだ。

2023年は、Appleは噂されるMRヘッドセットに開発リソースを注ぎ込んでおり、他のデバイス(iPhoneを除く)のアップデートが小幅に留まると報道されたが、来年は色々と期待できるかも知れない。

Bloombergの記者でApple関連の情報に詳しいMark Gurman氏は、最新のPower Onニュースレターの中で、Appleが来年「iPad Proの大規模な刷新」をもたらすことを検討していると述べている。これが真実であるならば、Appleは早ければ2024年の春に、デザインを一新し、有機ELディスプレイを搭載した全く新しいiPad Proを発表する可能性があるだろう。

2023年にエントリーモデルであるiPad miniやAirに大きなアップデートが来るとは思えません。iPad Proも、今年は特筆すべきことはないでしょう。その代わり、来年の春にはiPad Proが大きく刷新され、デザインが一新され、有機ELスクリーンが初めて搭載されることになるでしょう。

現在、iPad Proはユニボディデザインを採用し、旧モデルよりも比較的薄いベゼルを採用している。iPad AirやiPad mini、そして最近ではベーシックモデルのiPadも同様なデザインを取り入れており、iPad Proの差別化が求められるところだ。

2024年のiPad Proでは、デザインや期待すべき点についての噂はいくつか聞かれており、背面がガラス製になり、MagSafe充電に対応する事などがささやかれていた。

特にMagSafe充電に関しては、iPad Proのバッテリーサイズを考えると、現在の最大15W充電では時間がかかりすぎることから、より高速な充電への対応が求められるが、先日このMagSafeを元にした新たなワイヤレス充電方式「Qi2」の発表の中で、2024年には15Wを越える高速充電規格「Qi2.1」が登場することが示唆されており、Appleもこの技術を取り入れる可能性は高そうだ。

新しいデザインとは別に、Appleは有機ELディスプレイへの移行も検討していると伝えられている。先日、2024年にSamsungから発売されるiPadと2026年に発売されるMacBookの将来モデル向けに、自社で有機ELディスプレイを開発していることが報じられている。2024年のiPad Proは大きく進化しそうだ。


Source



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • PNG openai microsoft 960x540
    次の記事

    MicrosoftがOpenAIに「数十億ドル」の追加投資を行い長期的なパートナーシップを拡大

    2023年1月24日 4:50
  • 前の記事

    新型M2 MaxチップはM1 Ultraの9割近いGPU性能を誇る

    2023年1月23日 15:54
    Apple M2 chips M2 Max 230117
この記事を書いた人
masapoco

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

おすすめ記事

  • Apple M3 chip series architecture 231030

    AppleのM3 MaxチップからのUltraFusionインターコネクト削除は新たな巨大チップ登場の前兆か?

  • magsafe charger

    iOS 17.4のアップデートによりiPhone 12がQi2での高速ワイヤレス充電に対応へ

  • apple iphone 5g

    Apple、未発表のアプリやVision Proに関する情報をリークした疑いで元従業員を提訴

  • Apple iPad Pro Magic Keyboard M2 hero 2up 221018

    新型iPad ProとiPad Airは5月初旬の発売になる可能性が報じられる

  • TSMC FAB18

    TSMCの3nmノードが急成長、2024年は収益の20%以上を占める可能性

今読まれている記事