あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

iPad Proの大幅刷新は2024年になりそうだ。

2023年は、Appleは噂されるMRヘッドセットに開発リソースを注ぎ込んでおり、他のデバイス(iPhoneを除く)のアップデートが小幅に留まると報道されたが、来年は色々と期待できるかも知れない。

Bloombergの記者でApple関連の情報に詳しいMark Gurman氏は、最新のPower Onニュースレターの中で、Appleが来年「iPad Proの大規模な刷新」をもたらすことを検討していると述べている。これが真実であるならば、Appleは早ければ2024年の春に、デザインを一新し、有機ELディスプレイを搭載した全く新しいiPad Proを発表する可能性があるだろう。

2023年にエントリーモデルであるiPad miniやAirに大きなアップデートが来るとは思えません。iPad Proも、今年は特筆すべきことはないでしょう。その代わり、来年の春にはiPad Proが大きく刷新され、デザインが一新され、有機ELスクリーンが初めて搭載されることになるでしょう。

現在、iPad Proはユニボディデザインを採用し、旧モデルよりも比較的薄いベゼルを採用している。iPad AirやiPad mini、そして最近ではベーシックモデルのiPadも同様なデザインを取り入れており、iPad Proの差別化が求められるところだ。

2024年のiPad Proでは、デザインや期待すべき点についての噂はいくつか聞かれており、背面がガラス製になり、MagSafe充電に対応する事などがささやかれていた。

特にMagSafe充電に関しては、iPad Proのバッテリーサイズを考えると、現在の最大15W充電では時間がかかりすぎることから、より高速な充電への対応が求められるが、先日このMagSafeを元にした新たなワイヤレス充電方式「Qi2」の発表の中で、2024年には15Wを越える高速充電規格「Qi2.1」が登場することが示唆されており、Appleもこの技術を取り入れる可能性は高そうだ。

新しいデザインとは別に、Appleは有機ELディスプレイへの移行も検討していると伝えられている。先日、2024年にSamsungから発売されるiPadと2026年に発売されるMacBookの将来モデル向けに、自社で有機ELディスプレイを開発していることが報じられている。2024年のiPad Proは大きく進化しそうだ。


Source

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする