小型モジュール炉の大きな問題点

masapoco
投稿日 2023年7月21日 18:03
NuScale Power Module 800x613 1
4a05953f 1607 4284 825e 7df393822342

近年、原子力ロビーとその支持者たちは新たな歌を歌い始めた。彼らは20世紀の巨大な原子炉を放棄した。それは安全性や有毒廃棄物の問題ではなく、原子炉の高額な費用と長期にわたる導入スケジュールのためである。そして彼らは、次世代の原子力分裂技術、すなわち小型モジュール炉(SMR)にその忠誠を切り替えた。彼らは、これらが地球温暖化を救い、原子力産業を救う手段となると主張している。

かつての米国大統領Barack Obamaフランス大統領Emmanuel Macron、MIcrosoftの共同創設者であり慈善家のBill Gatesなどの尊敬される思想家たちは、SMRを風力や太陽光などの間欠的な再生可能エネルギー源に対する信頼性の高い、ほぼ排出物のないバックアップとして評価している。支持者たちは、SMRが現在の巨大な原子炉よりも小さいため、より安全で、より安価で、建設も早くなると主張している。SMRは伝統的な原子力発電所の発電能力の一部しか持たないが、支持者たちは、いつの日かそれらが工場で組み立てられ、1900年代初頭のSearsの通信販売「モダン・ホーム」のように一つのユニットとして現場に運ばれることを想像している。

現在、EUの半数の州、アメリカの両主要政党、そしてBRICSの5カ国(ブラジル、ロシア、インド、中国、南アフリカ)は、エネルギーを生み出す目的で原子を分割することを望んでいる。Joe Biden米大統領は、インフレ削減法とインフラ投資・雇用促進法に、原子力エネルギーに対する数十億ドルの税額控除を盛り込んだ。Gates氏は、自身が設立した原子力イノベーションのリーディングカンパニー、TerraPower社に財産の一部を投資するほどだ。しかし、喧伝されていることとは裏腹に、SMRで地球を覆い尽くそうという試みは、成功する見込みのない万歳パスである。

戦後のギガワット規模の水冷式原子炉は時代遅れと見る向きが多いのは確かだ。新規に建設される場合、これらの巨大な原子炉は、大規模な太陽光発電や陸上風力発電施設の最大9倍のコストで発電し、稼働までに10年以上かかる。このような理由からか、50年前に最後の原子力発電所の建設が始まって以来、米国で新たに始まった原子力発電プロジェクトは1件のみである。最初の原子炉は、予定より7年遅れて今年稼働した。2基合わせて350億ドルという途方もないコストは、当初の予測の2倍以上である。

しかし、SMRも同様に遅延やコスト超過に直面する可能性がある。現在、世界でSMRと呼べる先進的な施設は中国のパイロットリアクターとロシアの小型のアカデミック・ロモノソフの2つだけである。中国、ロシア、アルゼンチンではさらに多くの小型リアクターが建設中だが、それらすべてが伝統的なリアクターよりもキロワットあたりのコストが高くなっている。

注目に値するのは、米国だけでなく世界のどこでも、原子力政策は経済的競争力を高めるために補助金に大きく依存しているということだ。来年から、米国で原子力施設を運営する電力会社は、メガワット時あたり15ドルの税額控除を受けることができる。しかし、このような優遇措置があっても、SMRで発電される電力の予想コストは、風力発電や太陽光発電の普及価格には遠く及ばないだろう。

米国では、原子力規制委員会が認可した設計を持つSMR開発企業はNuScale社だけである。NuScaleは、アイダホ州の1カ所に6つのモジュールを配置する計画で、その合計発電量は小型の標準的な原子炉よりも少ない。しかし今のところ、NuScaleはまだレンガをひとつも積んでいない。これまでで最大の勝利は、連邦政府から40億ドルの税金補助金を獲得したことだ。今年1月、NuScaleは当初公約していたメガワット時当たり58ドルではなく、予想以上の建設費の高騰を理由にメガワット時当たり89ドルで電力を販売する計画を発表した。BloombergNEFの計算によると、この新たな予測は、電力会社規模の太陽光発電と陸上風力発電の世界平均コストの2倍近くにあたる。政府の補助金がなければ、NuScaleの価格はもっと高くなるだろう。

事実、NuScaleのSMRが一つも建設されない可能性がある。同社は、予想される発電容量の80%が契約されるまで建設を開始しないと述べており、現在、購入者が契約しているのはプラント容量の4分の1以下である。

GatesのTerraPowerはまだ長い道のりがあるが、それもまた補助金を得ている。米国エネルギー省は、ワイオミング州でデモンストレーションプラントを建設するために最大20億ドルのマッチングファンドを約束している。しかし、TerraPowerは最近、唯一の供給元であるロシアからウラン燃料を確保するのに困難を経験しているため、少なくとも2年の遅延が発生すると発表した。

もしSMRの展開が実現するとしても、それは気候危機を抑制するには遅すぎる。そして、その原子炉は、規模は小さいものの、大型のものと同じ安全性と放射性廃棄物の問題に直面するだろう。一方で、原子力エネルギーの誘惑は、クリーンテクノロジーの構築という緊急の課題から重要なリソースを奪っている。また、原子炉は風力発電や太陽光発電の「バックアップ」としての役割を果たすという考えは、原子炉の迅速な稼働・停止ができないため、見当違いである。

GatesやObamaのような賢明な人々がなぜこの問題に取り組んでいるのか、不思議に思うこともある。

それは彼らが気候危機の厳しい必要性とその範囲を理解しているからだと思う。彼らはパニックになっており、それは当然のことだ。原子力エネルギーには、彼らが知っている、一度に100万人の顧客にサービスを提供できる低炭素電源があると彼らは見ている。彼らは、証拠がたくさんあるにもかかわらず、再生可能エネルギーやスマートエネルギーシステムを信頼していない。

しかし、それが彼らの間違いである。未来の技術はすでにここにある。クリーンな風力と太陽エネルギー、アップデートされたスマートグリッド、拡大した貯蔵容量、水素技術、バーチャルパワープラント、需要応答戦略と組み合わせたものが機能する。我々の未来のエネルギーシステムはパッチワークのキルトのように見えるだろう。それは、一日の中で異なる時間に異なるエネルギー源が作動し、一日ごとにその組み合わせが変わるというものだ。

Bill Gatesや同じような革新者たちは、彼らの心と財産をこの現代の未来的なプロジェクトに投じるべきだ。そして、20世紀の遺物である原子力を過去に残すべきだ。


本記事は、PAUL HOCKENOS氏によって執筆され、Undarkに掲載された記事「Opinion: The Big Problem With Small Nuclear Reactors」について、Creative Commonsのライセンスおよび執筆者の翻訳許諾の下、翻訳・転載しています。



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • 016ce0 f3b73db1a81c4846a31e3aa50bed90c1mv2
    次の記事

    Cerebras、2エクサフロップスのAIスーパーコンピューター「Condor Galaxy」を発表

    2023年11月30日 9:14
  • 前の記事

    週末にだけ運動する事にはメリットがあるのか?大規模研究から明らかになった事

    2023年7月21日 17:23
    jog

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


今読まれている記事