がん治療に革命をもたらす小型核融合炉の開発に成功

masapoco
投稿日 2023年11月29日 14:02
astral systems msf reactor rotated

イギリスのスタートアップ企業が、がん診断と治療の現場に革命をもたらす可能性を持つ革新的な技術を開発したと発表した。

ブリストル大学発のスタートアップ企業であるAstral Systemsは、医療用放射性同位体を生成するために設計された、初めてのマルチステート・フュージョン(Multi-State Fusion: MSF)リアクターを開発し、実証に成功した。これは、1回の電力入力でプラズマと固体格子の両方という、2つの異なる核融合反応を並行して発生させるものだ。ここで生成された同位体は、放射線治療でがん細胞を効果的に死滅させたり、画像診断で病状を発見するための体内の放射性トレーサーとして使用することができる。

Astral Systemsの共同創設者であり、ブリストル大学の客員研究員であるTalmon Firestone氏は、「核医学は、がんのスキャンや腫瘍およびがん細胞の直接治療を可能にすることにより、何十年もの間人々の命を救ってきました」と述べている。

これらの同位体は放射線を発生し、それを検出・定量することで、医療従事者に体内の臓器や組織の構造や機能に関する重要な情報を提供することを可能にする。

この技術は、がん治療の新たな可能性を開くものであり、特に放射線療法や診断イメージングに必要な医療用放射性同位体の生産において重要な進歩を示している。

限られた同位体供給源

世界の医療用放射性同位体供給の大部分は、限られた数の核分裂炉に依存している。

この発見は、医療用放射性同位体の不足が差し迫っていることに起因している。英国政府の評価によれば、世界の供給量の大部分は、老朽化した少数の核分裂炉に依存しており、そのほとんどは2030年までに停止する予定である。

MSFリアクターは、これらの同位体をより効率的かつ持続可能な方法で生成することができるため、がん治療の分野における重要な革新となる可能性がある。

同社は小型核融合炉の建設を構想しており、イギリスだけでなく、世界中の地域同位体施設に戦略的に設置することができる。

この分散型戦略は、より柔軟で費用対効果の高い放射性サンプル供給を約束する。

こうした小規模核融合炉を設置することで、同社は少数の大型原子炉に依存することによるリスクを軽減しようとしている。これにより、医療用放射性同位体の継続的かつ信頼性の高い生産が保証される。

「私たちのシステムは、代替技術よりもはるかに迅速に開発され、はるかに小規模で同位体を生産することができます。このことは、医療用放射性同位体を国際的な巨大核分裂発電所に依存することなく、病院の近くやハブ内で生産できることを意味します」とFirestone氏は語った。

これにより、臨床医が利用できる診断・治療技術が飛躍的に向上し、病院の待ち時間とコストを削減すると同時に、医療の質を向上させることができるのだ。

「私たちのMSF炉は、医療用放射性同位元素を安全かつ効率的に開発するためのメカニズムを提供するだけでなく、フルスケールの核融合発電所がどのようなもので、運転中にどのような挙動を示すかを理解するための理想的なテストベッドを提供します」と、この会社の共同設立者であるTom Wallace-Smith氏は結論付けている。

すべてが計画通りに進めば、この技術はがん治療や医療用アイソトープ製造に新時代を切り開くかもしれない。


Source



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • 8c7215720a2a742e02e4d1919aa1e6a7
    次の記事

    ブラックホールは電池や原子炉として利用する事が出来る

    2023年11月29日 14:38
  • 前の記事

    宇宙で急速に拡大するロボット文明はなぜ見つからないのか?

    2023年11月29日 12:40
    Starfield 4

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


今読まれている記事