あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

Sony、ミラーレスカメラ「α」で撮影画像の真正性を担保する追加機能の検証を完了、来春からファームウェア提供へ

先月Leicaは、撮影が完了した瞬間から画像の来歴が確認でき、それがAIで生成されたのではなく、カメラによって撮影されたという真正が確認出来る「コンテンツクレデンシャル機能」を内蔵した新しいカメラを発表した。これは生成AIが急速に普及し、画像生成の精度も急激に向上する中で、アーティストの権利を守り、フォトジャーナリズムに対する信頼を担保する取り組みとして注目を集めているが、今回、ミラーレスカメラで多くのシェアを持つSonyも、同様の技術をカメラに搭載するための1ヶ月に及ぶフィールドテストを終了したことを発表した。

「生成AI(人工知能)の急速な進化は、クリエイティブな表現に新たな可能性をもたらす一方で、ジャーナリズムにおける画像の改ざんや加工が与える影響への懸念が高まっています。虚偽の情報や画像の流布は、フォトジャーナリストや通信社のパートナーだけでなく、社会全体に害をもたらす現実の社会的影響をもたらします。私たちはこの課題に深く関心を持ち、その解決のために私たちのリソースを活用することを約束します。Sonyは、C2PA(Coalition for Content Provenance and Authenticity)の運営委員会における活動を通じて、画像の編集や加工の追跡に関する現在の業界標準の設定に貢献してきました。さらに、私たちのカメラ内真正性技術は貴重な結果を示しており、より幅広いリリースに向けて開発を推進していきます」と、Sony Electoronicsの社長兼COO Neal Manowitz氏は述べている。

最近完了した技術のフィールドトライアルは、APとの協力で実施され、撮影の瞬間にハードウェアチップセットを介して各画像にデジタル署名が追加された。1ヶ月にわたるテストでは、キャプチャ認証とワークフロープロセスの両方が評価された。これを達成するために、Sonyは業界標準のワークフローツールであるPhoto Mechanicを開発したCamera Bits社と提携した。Camera Bitsは、SonyとAPとともに、メタデータ編集プロセスを通じてカメラのデジタル署名を保持する技術をPhoto Mechanicで開発した。

APのフォトディレクターDavid Ake氏は以下のように述べている:「フェイクや加工された画像は、報道機関にとって大きな懸念事項です。誤報や偽情報を助長するだけでなく、最終的には、事実に基づいた正確な画像に対する国民の信頼を損なうことになります。我々は、Sony Electoronicsと協力して、この問題に対処するための認証ソリューションを開発できることを誇りに思います」。

カメラ内で “真正証明書”を生成することに加え、Sonyは撮影後の編集・公開プロセスを通じて透明性を確保することも検討した。このプロジェクトは、Photo Mechanicポスト処理ワークフロースイートの開発元であるCamera Bits社と協力し、デジタル署名とその後の各画像への変更がメタデータに確実に保存されるようにした。

Sonyはすでに、C2PA認証技術を最新のプロ用カメラα9 IIIに追加することを発表しており、今回、α1とα7S IIIも2024年の北半球の春からファームウェア・アップデートを通じてフェイク画像に対抗していく姿勢を鮮明にしている。


Source

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする