あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

欧州連合(EU)のデジタル市場法(Digital Markets Act: DMA)により、AppleのApp Storeによる独占が今後は崩れる事が想定される中、Setappは、2024年にEU圏で独自の代替App Storeを立ち上げることを計画している。

Appleは、DMAの施行に備えて準備を進めていると報じられている。これに先立ち、既にApp Storeのライバルとなりうる企業が参入してきた。

ソフトウェア・サブスクリプション・サービスのSetappは火曜日、2024年に独自のライバル・モバイル・アプリストアを導入する事を発表した。特にDMAに対応するため、このストアフロントはEU内のユーザー専用となり、同社は登録待ちリストを立ち上げた。

AppleやGoogleのような “ゲートキーパー”がプラットフォームの開放を余儀なくされる中、Setappは「EUユーザー向けにアプリストアを導入することで、iPhoneやiPadでSetappの高品質なアプリの豊富なコレクションにアクセスし、楽しむことができるようになる」と同サービスは説明している。

AppleのApp Storeのように、Setappは今後、生産性ツールからライフスタイル・アプリケーションに至るまで、厳選されたモバイルアプリケーションのコレクションを提供する。Ulysses、Taskheat、NotePlan、Soulverなど、現在SetappのMacベースのサービスを提供している30以上のベンダーが、新しいストアフロントの一部となる。

「我々はこの開発をエキサイティングな第一歩と見ており、参加することを熱望している。今後、世界中のアップルによる規制がさらに緩和されることを期待しています」とSetappのプロダクト・リードであるMykola Savinは述べている。

Setappのモバイルアプリストアは、初日からユーザーからの要望が最も多かったもので、iPhoneやiPadで様々なアプリを発見し、一箇所で利用できるようにすることで、ユーザーにより便利な方法を提供します。

SetappはこれまでWebやmacOSの開発者を相手にしてきたが、この新しいストアフロントの誕生は、SetappがiOSのみの開発者とも進んで仕事をすることを意味する。同社はiOSデベロッパーからのアプリ申請を受け付けている。

開発者の採用を促進するため、SetappはAppleの悪名高いApp Storeでのアプリ内購入・販売手数料30%を狙っている。

Setappは、ユーザーの月額利用料の70%を、ユーザーがその月に実際に使用したアプリの開発者に分配する。残りの20%は、ユーザーをこのサービスに導いたパートナーに分配される。

Appleのストアフロントというよりは、サブスクリプションベースのアプリ配信プラットフォームだが、EUが許可した場合、App Storeに挑戦することに熱心な企業はSetappだけではない。

Epic Gamesは以前、2020年にiOSで独自のEpic Games Storeを立ち上げたいと示唆していた。Microsoftは2023年3月、EUの規則が施行されれば、AppleのハードウェアにXboxのゲームを提供する予定だと述べている


Sources

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

コメントする