あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

Samsungは、現在ラスベガスで開幕中のCES2024のFirst Lookイベントの中で、世界初の透明MicroLEDディスプレイの展示を行った。

下の動画をご覧頂ければ一目瞭然だが、この透明MicroLEDディスプレイは、何も表示されていない時には向こう側が透けて見えるガラス板のように見えるが、映像の再生時にはあたかもそこに物体が存在するかのような錯覚すら起こす未来の映像技術を垣間見せてくれるものだ。

このディスプレイは、人間の髪の毛よりもさらに小さなLEDが使用されている。MicroLEDのON・OFFで映像を作り出すため、各ピクセルを完全にオフにすれば完全な黒を表現することができる。これにより、全体として、非常に高いコントラスト比と広い視野角を提供する。

見た目のインパクトとは裏腹に、透明ディスプレイ自体はあまり実用的ではないかも知れないが、例えばスタジアムなどで実際のスポーツの試合をガラス越しに観戦しながら、目の前に統計や広告などの情報を表示すると言った用途が考えられている。

Samsungによると、透明MicroLEDディスプレイは透明OLEDパネルに比べて輝度が高いため、周囲光の影響も少ないという。

また、この技術が果たして商用化されるのか?コストや時期などは全く明らかになっていない。


Source

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする