Samsung、独自AIモデル「Gauss」を発表、次期Galaxy S24シリーズに搭載される可能性

masapoco
投稿日 2023年11月9日 12:07
AI Forum Day2 PR main1 F

Samsungは、自社の生成AIモデル「Samsung Gauss」の詳細を明らかにした。このモデルはデバイス上でローカルに実行可能であり、Korea Timesの報告によると、2024年初頭に予想される次のGalaxy S24ハンドセットに統合される見込みである。Samsungは、この週に開催された自社のAIフォーラムでGaussを展示し、AIモデルが画像の生成・編集、メールの作成、文書の要約、さらにはコーディングアシスタントとしての機能を持つことを明らかにしている。

SamsungのGaussモデルの一部はデバイス上でローカルに実行可能であり、Samsungの幹部は先月、同社が2024年からモバイルデバイスの「コア機能」に生成AIを追加し始めると示唆している。このコメントは、SamsungのGalaxy S24にAIに焦点を当てるという報告に続いて出されたものだ。Galaxy S24となるこのデバイスは2024年初頭に発表されると広く予想されている。

Samsungは、Gaussモデルが「機械学習とAIの背骨である正規分布理論を確立した伝説的な数学者、Carolus Fridericus Gaussにちなんで名付けられた」と述べている。Samsung Researchによって開発されたこのモデルには、Samsung Gauss Language、Samsung Gauss Code、Samsung Gauss Imageが含まれている。

「Samsung Gauss Languageは、生成言語モデルであり、メールの作成、文書の要約、コンテンツの翻訳などの作業を容易にすることで作業効率を向上させる」とSamsungはGaussの発表を行うプレスリリースで述べている。「製品に統合されると、よりスマートなデバイス制御を可能にすることで、消費者体験を向上させることもできる」。

この製品への統合は、Gaussがクラウドベースの大規模言語モデル(例えばOpenAIのような)に依存するのではなく、ハンドセット上で限定的な生成画像および言語モデルをローカルで実行できる場合、Galaxy S24の重要な販売ポイントになる可能性がある。

Samsungはすでに、家電製品向けのバーチャルアシスタントBixbyに生成AIを導入しているが、それはChatGPTほど強力ではない。「生成AIと言えば、私たちはしばしばChatGPTを思い浮かべますが、私たちはそのような重いサービスを目指していません」と、Samsung Electronicsの家電部門の副社長であるMiyoung Yoo氏は9月に述べている。「ユーザーがセットコマンドを使用していなくても、Bixbyは会話の文脈を理解し、より自然なコミュニケーションを可能にするのです」。

Samsung Gaussは現在、「従業員の生産性」のために社内で使用されており、近い将来、さまざまなSamsung製品アプリケーションに拡大され、「新しいユーザーエクスペリエンスを提供する」とSamsungは述べている。


Source



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • MIT 3D Traps 01 PRESS 0
    次の記事

    世界で初めて3次元結晶内に電子を閉じ込めることに成功

    2023年11月9日 14:13
  • 前の記事

    Apple、M3 MacBook Proの8GB RAMは「Windows PCの16GBに匹敵」と主張

    2023年11月9日 6:25
    Apple MacBook Pro 2up 231030

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


今読まれている記事