2023年の量子コンピューター:どのように機能し、何をし、どこへ向かうのか?

The Conversation
投稿日 2023年10月19日 15:01
quantum machines

6月、IBMのコンピュータ部門幹部は、量子コンピュータはハイテク実験装置が実用化される “実用 “段階に入ったと主張した。9月には、オーストラリアの主任科学者Cathy Foleyが「量子時代の幕開け」とまで宣言した

今週、オーストラリアの物理学者Michelle Simmonsは、シリコンベースの量子コンピュータの開発で国内最高の科学賞を受賞した

明らかに、量子コンピューターはその勢いを増している。しかし、量子コンピューターとはいったい何なのだろうか?

量子コンピューターとは?

コンピュータについて考える一つの方法は、コンピュータが扱う数の種類という観点から考えることである。

私たちが日常的に使っているデジタル・コンピュータは、整数(または整数)に依存しており、情報を0と1の文字列として表現し、複雑な規則に従って並べ替える。電気回路や回転するローターや動く流体を介して操作される、連続的に変化する数(または実数)として情報を表現するアナログ・コンピュータもある。

16世紀、イタリアの数学者Girolamo Cardanoは、負の数の平方根を求めるといった一見不可能な課題を解決するために、複素数と呼ばれる別の種類の数を発明した。20世紀、量子物理学の出現により、複素数も光や物質の微細なディテールを自然に表現することが判明した。

1990年代には、量子物理学で符号化された複素数を直接扱うアルゴリズムを使えば、ある種の問題をはるかに速く解くことができることが発見され、物理学とコンピューター科学が衝突した。

次の論理的なステップは、光と物質を使って自動的に計算してくれる装置を作ることだった。これが量子コンピューティングの誕生である。

なぜ量子コンピューティングが重要なのか?

私たちは通常、コンピュータが行うことを、表計算ソフトのバランスをとる、ライブビデオを送信する、空港までの乗り物を探すといった、私たちにとって意味のあることとして考えている。しかし、これらはすべて究極的には計算問題であり、数学的な言葉で表現されている。

量子コンピューティングはまだ始まったばかりの分野であるため、量子コンピュータが解決するとわかっている問題のほとんどは、抽象的な数学で表現されている。これらの中には、まだ予見できない “現実世界 “での応用もあれば、より即効性のある応用もあるだろう。

初期の応用例のひとつは暗号技術である。量子コンピューターは現在のインターネット暗号アルゴリズムを解読できるようになるため、量子耐性を持つ暗号技術が必要になる。証明可能で安全な暗号と完全な量子インターネットには、量子コンピューティング技術が使われるだろう。

材料科学の分野では、量子コンピューターが原子スケールで分子構造をシミュレートできるようになる。これは、バッテリー、医薬品、肥料、その他の化学をベースとする領域で重要な応用が期待される。

量子コンピュータはまた、何かを行うための「最良の」方法を見つけたい場合、多くの困難な最適化問題をスピードアップさせるだろう。これにより、物流、金融、天気予報などの分野で、より大規模な問題に取り組むことができるようになる。

機械学習もまた、量子コンピューターが進歩を加速させる可能性のある分野である。これは、デジタル・コンピューターのサブルーチンを高速化することで間接的に起こる可能性もあるし、量子コンピューターが学習機械として再構築されれば、直接的に起こる可能性もある。

現在の状況は?

2023年、量子コンピューターは大学の物理学部の地下研究室から産業界の研究開発施設へと移行しつつある。この動きは、多国籍企業やベンチャーキャピタルの小切手帳によって支えられている。

IBMGoogleIonQRigettiなどによって作られた現代の量子コンピューティングのプロトタイプは、まだ完成の域には達していない。

今日の量子力学は、「ノイズの多い中級量子」と呼ばれる開発段階にある。微小量子システムの繊細な性質は、多くのエラーの原因になりやすいことを意味し、これらのエラーを修正することは技術的に大きなハードルである。

聖杯は、自らエラーを修正できる大規模量子コンピューターである。研究グループや商業企業のエコシステム全体が、多様な技術的アプローチによってこの目標を追求している。

超伝導体、イオン、シリコン、光子

現在の主要なアプローチは、超伝導回路内の電流のループを使って情報を保存・操作するものだ。これはGoogle、IBM、Rgettiなどが採用している技術である。

もうひとつの方法である「イオントラップ」技術は、電荷を帯びた原子粒子群を用い、粒子固有の安定性を利用してエラーを減らすものである。このアプローチは、IonQHoneywellが先導している。

第三の探求ルートは、半導体材料の微粒子の中に電子を閉じ込めることで、古典的なコンピューティングで定評のあるシリコン技術と融合させることができる。Silicon Quantum Computingは、この方向性を追求している。

さらにもうひとつの方向性は、光の粒子(光子)を利用することである。PsiQuantumという会社は、量子計算を行うための複雑な「誘導光」回路を設計している。

これらの技術の中で明確な勝者はまだおらず、最終的に勝つのはハイブリッド・アプローチになるかもしれない。

量子の未来はどこへ向かうのか?

今日、量子コンピューターの未来を予測しようとすることは、空飛ぶ自動車を予測し、その代わりに携帯電話にカメラを搭載してしまうことに似ている。とはいえ、多くの研究者が今後10年で到達しそうだと同意するマイルストーンはいくつかある。

より良いエラー訂正は大きなものだ。私たちは、ノイズの多いデバイスの時代から、能動的なエラー訂正によって計算を維持できる小型デバイスへの移行を期待している。

もうひとつは、ポスト量子暗号の登場である。これは、量子コンピューターに簡単に破られない暗号標準の確立と採用を意味する。

量子センシングのような技術の商業的スピンオフも視野に入っている。

本物の “量子の優位性 “の実証もまた、起こりうる展開だろう。これは、量子デバイスがデジタルの代替品より優れていることが明白な、説得力のあるアプリケーションを意味する。

そして、今後10年間のストレッチゴールは、エラーのない(能動的なエラー訂正が可能な)大規模量子コンピューターの実現である。

これが実現すれば、21世紀は「量子の時代」になると確信できる。


本記事は、Christopher Ferrie氏によって執筆され、The Conversationに掲載された記事「Quantum computers in 2023: how they work, what they do, and where they’re heading」について、Creative Commonsのライセンスおよび執筆者の翻訳許諾の下、翻訳・転載しています。



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • dji osmo pocket 3 event
    次の記事

    DJI Osmo Pocket 3がついに登場か?大量の写真のリークにより回転式ディスプレイを備える外観が明らかに

    2023年10月19日 15:18
  • 前の記事

    OpenAI、AIによる画像の検出で“99%”の高精度を誇るツールを開発中

    2023年10月19日 14:25
    openai

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


今読まれている記事