あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

今年発表されたSnapdragon 7 Gen 1プロセッサに続き、新しいうわさでは、QualcommはSnapdragon 7+ Gen 1という新しいプロセッサを開発中とされており、早ければ今年11月の技術カンファレンスSnapdragon Tech Summitで発表される可能性があるということだ。

情報筋によると、Snapdragon 7+ Gen 1と呼ばれる新プロセッサは、SM7475というモデル名を使用し、3つのクラスタ構成となり、メインコアとパフォーマンスコアが2.4GHz、4つの効率コアが1.8GHzで動作するとのことだ。今年発売されたSnapdragon 8+ Gen 1プロセッサと同様に、Snapdragon 7+ Gen 1プロセッサもTSMCの4nm FinFETプロセスで製造される予定だ。

コアアーキテクチャについては、Snapdragon 7+ Gen 1プロセッサは、パフォーマンスコアにArm Cortex-A710 CPU、効率性コアにCortex-A510 CPUを採用する見込みで、メインコア設計はCortex-X CPUや動作クロックが高いCPUに置き換えられる可能性があるとのことだ。

なお、QualcommはSnapdragon Tech Summitにおいて、Snapdragon 8シリーズの新プロセッサを、おそらくSnapdragon 8 Gen 2という名称で発表する予定だ。もしかしたら、このイベントで、Snapdragon 7+ Gen 1も発表になるかも知れない。

Follow Me !

この記事が気に入ったら是非フォローを!

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする