あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

OSIRIS-RExカプセルが着陸!小惑星サンプルを回収し帰還

OSIRIS-RExミッションは、地球近傍小惑星(NEA)ベンヌからのNASA初のサンプル・リターン・ミッションを完了した。サンプルはソルトレイクシティ近郊のユタ試験訓練場(UTTR)に到着し、エンジニアのチームがヘリコプターでサンプルカプセルを回収しに到着した。サンプルはNASAの宇宙物質研究探査科学部門(ARES)と日本の地球外サンプルキュレーションセンター(ESCuC)によってキュレーションされる。ベンヌから得られた岩石やダストの分析により、太陽系の形成と進化に関する新たな知見が得られると期待されている。

UTTRのレーダーデータにより、サンプル回収カプセル(SRC)は予定通り米国東部夏時間午前10時42分(日本時間午後23時8時42分)にカリフォルニア州沖で地球の大気圏に突入したことが確認された。カプセルはパラシュートを展開し、10分後に地表に着陸し、NASAと米空軍の要員を乗せた4機のヘリコプターと2台のバックアップ地上車両が出迎えた。回収作業(SRCと周辺環境の点検を含む)は、NASA TVとNASAのウェブサイトで生中継された(以下に要約を掲載)。

放送はユタ州北部にある米空軍のダグウェイ実験場から行われた。NASAゴダード宇宙飛行センターの主任科学者であるJames B. Garvin博士は、サンプル帰還の成功とミッション全般について、放送中に興奮を表した。「小惑星の上に来ました!私たちがここで得たエンジニアリングの傑作です。考えてみてください。50年の間に、我々はクルーと一緒に月面のものを持ち帰ることから、文字通り言葉では言い表せないような科学のための全ロボットのサンプルリターンになった。言葉では言い表せないほどです。ですから、私たちが何を学ぶのか、待ちきれません」。

これは、2018年に炭素質小惑星ベンヌとランデブーしたOrigins, Spectral Interpretation, Resource Identification, Security, Regolith Explorer(OSIRIS-REx)ミッションの集大成を意味する。軌道上から小惑星を2年間調査した後、OSIRIS-RExは2020年10月20日に小惑星表面に向けて降下を開始した。400グラムから1キロを収集した後、探査機は2021年5月10日に出発し、地球への帰還を開始した。ブロードウェストでは、NASAのBill Nelson所長がOSIRIS-RExチームの努力に祝辞を述べた:

「素晴らしい成果だ。あなたがたは設計し、それを構築し、小惑星からサンプルを収集する最初のミッションを実行したのです。そして2年間の旅を終え、ユタ砂漠に着陸した。地球に届いた最大の小惑星サンプルであります。これは科学者が惑星の形成を調査するのに役立つことでしょう。そして地球に衝突する可能性のある小惑星についての理解を深め、太陽系の起源とその形成についての理解を深めることでしょう。このミッションは、NASAが大きなことをなしえることを証明しています。私たちを鼓舞するもの、私たちを団結させるもの、手の届かないものはないということを示すものなのです」。

米国東部夏時間午前12時37分までに、サンプルリターンカプセルは100フィートのケーブルの先に取り付けられ、UTTRの格納庫に運ばれた。その後、SRCは別のチームによってカートに積み込まれ、開封されていないサンプルキャニスターを取り出すために一時的なクリーンルームに移動する前に、ラッピングを解いて洗浄された。すべての部品は航空機で輸送するために梱包され、明日NASAのジョンソン宇宙センターへ空輸される。

53210765323 00c69ea20c k
2023年9月24日(日)、NASAのOSIRIS-RExミッションからのサンプルリターンカプセルの輸送準備をするロッキード・マーティンのチーム (Credit: NASA)

OSIRIS-RExミッションはその後、アポフィスを調査する次のミッションに進んでいる。このNEAは以前、地球に潜在的な危険をもたらすと考えられていた(別名:潜在的に危険な小惑星(PHA))。しかし科学者たちは、2068年に地球に衝突する可能性がわずかにあると指摘している。このミッションの延長は2022年4月25日に発表され、NASAは今後、OSIRIS-APEX(「アポフィス・エクスプローラー」)ミッションとして知られることを示唆した。ミッションは2029年4月にアポフィスとランデブーし、小惑星が地球に大接近した後、サンプルを回収するまでの約18ヶ月間、小惑星を周回する。


この記事は、MATT WILLIAMS氏によって執筆され、Universe Todayに掲載されたものを、クリエイティブ・コモンズ・ライセンス(表示4.0 国際)に則り、翻訳・転載したものです。元記事はこちらからお読み頂けます。

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

コメントする