あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

OpenAIのCEO、Sam Altman氏の率いるチームは4週間にわたり6大陸の25都市を訪れ、ユーザー、開発者、政策立案者、一般市民と対話し、各コミュニティのAI開発と展開に対する優先事項を聞き出した。

彼らが学んだことの一つは、ユーザーと開発者がすでに価値あるアプリケーションを構築していることだ。例えば、ナイジェリアの高校生がChatGPTを使って複雑な学習トピックを分解する方法、シンガポールの公務員がOpenAIのツールを使って公共サービスをより効率的に提供する方法、フランスの食料品チェーンが食品廃棄を減らすためにOpenAIのツールを使っている方法などが挙げられる。

また、AIの影響に対する共通の希望と懸念がコミュニティ間で共有されている。多くの人々が、ツールの可能性に対する熱意を共有し、個別の教育と医療へのアクセスを拡大・改善し、経済成長を促進し、専門家が管理業務を減らし、仕事の最も影響力のある側面に集中することを可能にするという希望を表明した。しかし、同時に、多くの人々が、誤情報、経済的な置き換え、そしてますます強力なモデルの安全性とセキュリティのリスクに関連した懸念を提起した。

政策立案者はAIに深く関与しています。彼らは現在のツールの安全で有益な展開を確保することに焦点を当てており、未来のモデルの肯定的な可能性とリスクについて真剣に取り組んでいる。

この旅はOpenAIにとって、ユーザー、開発者、政府リーダーの視点をより深く理解する機会となりました。そのフィードバックを受けて、OpenAIは以下の領域に更に焦点を当てることにしたとのことだ。

  1. 製品をより有用で、影響力があり、アクセスしやすいものにする。
  2. 高度な能力を持つ基礎モデルを管理するためのベストプラクティスをさらに発展させる。
  3. AIの利点を引き出す。

具体的には、OpenAIは製品をよりアクセスしやすく、ユーザーと開発者にとって有用なものにするための変更を進めている。これには、モデルをより広範な個々のニーズや地域文化、コンテキストを反映するレスポンスに向けてガイドすることを人々にとって容易にすることが含まれる。また、英語以外の言語に対するパフォーマンスを改善するための取り組みも進めている。そして、開発者にとって価格構造を継続的にアクセスしやすいものにすることにも取り組んでいる。

また、新しいAI法と規制に対する公的な議論が続く中、OpenAIは、自社が生み出す高度に能力を持つ基礎モデルに特に適した具体的なガバナンスの実践を試行し、洗練する努力を行う事も表明している。これには、事前の安全評価や敵対的なテストなどの重要な安全作業が含まれる。

最後に、OpenAIはAIリテラシーを広める努力を拡大し、クリエーターや出版社、コンテンツプロデューサーがこれらの新技術から利益を得る方法を開発することに投資する予定だ。さらに、OpenAIは、自社のツールを広範に有益なアプリケーションに使用する方法を探している組織に対して、より多くのサポートを提供できるチームを構築しているとのことだ。


Source

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする