Apple Watch Ultraをダイブコンピューターにする「Oceanic+」アプリが登場

masapoco
投稿日 2022年11月29日 5:35
Apple Watch Ultra Oceanic Plus hero

Apple Watch Ultraは、発表の席でダイバーズウォッチとしての性能を大きくアピールしてはいたものの、実はそのためのアプリはまだ提供されていなかった。だがこの度、Hush OutdoorsとAppleはついに「Oceanic+」アプリをリリースし、Apple Watch Ultraにダイブコンピューターとしての機能を追加した。

このアプリは、水深、無減圧時間(水深の制限時間を設定するための数値)、水温などの基本的な情報を記録する。アプリはタッチスクリーンなしでも使えるように設計されており、アクションボタンを使ってコンパスの方位を設定することができる。触覚フィードバックも、ウェットスーツ越しに感じられるほど強力だ。

潮の満ち引きや潮流など、旅行を最大限に楽しむためのダイビング計画を立てることができるようになっている。ダイブ後には、エントリーポイントとエグジットポイントを含むデータが表示される。また、水深グラフや水温上昇率など、より多くの情報をiPhoneで確認することが可能だ。

Oceanic+の基本機能である水深、時間、最近のダイビングのログなどは無料で利用できる。減圧のトラッキング、身体組織負荷、ロケーションプランナー、無制限のログブックなどのより高度な機能を利用する場合、Oceanic+は月額1,150円(税込)、年額10,200円(税込)を支払う必要がある。年間14,800円(税込)のファミリープランでは、5人までのアクセスが可能だ。このアプリは、少なくともwatchOS 9.1と、iOS 16.1を使用するiPhone 8以降が必要となる。

Appleは、Oceanic+がプロのスキューバダイバー向けではないとしている。例えば、これは従来のダイブコンピュータのように酸素の残量をトラッキングしない。これはあくまでもエンスージアスト向けで、水深30メートルまでしか使えない。また、ダイビングを行う際は、常にダイビングの安全手順に従い、パートナーと組み、予備のデバイスを携帯するようにとも促している。



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • linkbuds LE audio
    次の記事

    Sony、LinkBuds SにLE Audioアップデートを2023年春に実施予定

    2022年12月11日 6:58
  • 前の記事

    CRISPRを用いた新しいツールで、DNAを大量に「ドラッグ&ドロップ」できるように

    2022年11月30日 6:00
    crispr gene

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


今読まれている記事