NVIDIAの次世代GPUは偉大な天文学者にちなんだコードネーム「Rubin」、2025年登場との噂

masapoco
投稿日 2023年11月30日 18:54
rubin

NVIDIAは、2025年のGPUアーキテクチャを、天文学者Vera Rubinにちなんで命名する可能性があるようだ。この情報は、信頼できるハードウェアリーカーであるKopite7kimiによって明らかにされた。現在、NVIDIAのロードマップに「X」として記載されているBlackwell-Nextアーキテクチャは、「R」になると彼は述べている。ただし、NVIDIAがどの人物にちなんで名付けたかの詳細は明らかにされていない。

ただし、これは正式なものではなく、NVIDIAによって今後まだ変更される可能性がある。(仮)Rubinアーキテクチャは、2024年に発売予定のBlackwellに続くものだ。

Vera Rubin(1928-2016)は、アメリカ合衆国の天文学者で、銀河がどれだけ速く回転するかについての重要な発見をした。彼女は、銀河の予測された角運動と観測された角運動が異なることを発見し、これによりダークマターの存在が示された。彼女の名は、NSFヴェラ・C・ルービン天文台として、ダークエネルギーの解明のために建設されている天文台にも冠せられている。

NVIDIAはすでに、2025年の「X」アーキテクチャについてほのめかしている。Kopite氏によると、NVIDIAはデータセンター向けに特別に設計されたR100およびGR100 GPUの開発を進めているとのことだ。これらのGPUは、現在のNVIDIAロードマップに概説されているX100およびGX200の後継となることを意図している。ゲーミングアーキテクチャもRubinアーキテクチャを採用するかどうかは明らかではない。Kopiteは、これらの計画がまだ確定していないと述べている。


Sources



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • open ai logo
    次の記事

    Sam Altman氏がOpenAIに復帰しMicrosoftが取締役会に加わる

    2023年11月30日 19:03
  • 前の記事

    DeepMindのAIツールが材料工学の進歩を数百年進める

    2023年11月30日 18:03
    deepmind materials

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


今読まれている記事