あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

NVIDIAのAIチップシェアは最大90%?他社が追いつくには数年かかるとアナリストは指摘

NVIDIAは、AIチップの世界市場シェアで、自他共に認める市場リーダー的な存在だが、その支配的なシェアに関しては明らかになっていない。Yahoo! FinanceのテクノロジーエディタであるDaniel Howley氏は、そのシェアが70から90%に達する圧倒的なものであると推定されると報じており、これはハードウェアの性能だけによってもたらされたものではなく、確立されたCUDAプラットフォームというソフトウェア面での地ならしが功を奏したと述べている。

調査会社GartnerやMoor Insights & Strategyの有名アナリストが、NVIDIAが2024年まで好調を維持すると予測しているように、NVIDIAは今しばらく独占的な地位を維持するようだ。同社のシェアは、世界的に70%以上を獲得していると見られ、AI市場のほとんどをその手中に収めることに成功したと伝えられている。同社のAI GPU「H100」は、他のいくつかの製品とともに市場で大ヒットしており、Metaなどが巨額のGPUを獲得したと報じられるなど、現在もこのビジネスに携わる企業にとって最優先事項となっている。

ソフトウェアは引き続きNVIDIAの戦略的堀である。これらの…ターンキー体験により、NVIDIAはマインドシェアと採用の最前線に立つことができる。

Gartner副社長アナリスト、Chirag Dekate氏

NVIDIAが行っていることは、市場の創造を支援することであり、競合他社を非常に厳しい状況に追い込んでいる。

Moor Insights & Strategy CEOのPatrick Moorhead氏

今回発表された市場シェアの数値は、あくまで推定値であり、大まかな数値として見られるかもしれないが、NVIDIAの足元の状況は何ら変わっていない。NVIDIAは今年、150万~200万個のAI GPUを販売する予定だと報じられているが、これは2023年の3倍増であり、現時点で業界におけるNVIDIAの優位性が揺るぎないことを証明している。しかし、NVIDIAの成功はハードウェアリソースを通じて提供する計算能力にあるという一般的な考え方があるが、これは全体像ではない。

NVIDIAがAI分野で圧倒的な強さを見せているのは、高いコンピューティングパワーを誇るハードウェアを提供しているからだけではなく、同社のCUDAプラットフォームが、同社のAIアクセラレーターの性能を活用するように組み立てられているからだ。その典型的な例として、NVIDIAはつい最近、AMDが最近発表したMI300Xとの比較を行い、CUDAエコシステム周辺のソフトウェア・スタックだけで、はるかに優れたパフォーマンスを持っていると主張した

この傾向はまだしばらく続き、同社の次世代AI GPUであるHopper H200とBlackwell B100のデビューにより、状況は確かにNVIDIAに有利に急速に進展する可能性がある。


Sources

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする