あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

NVIDIAとMicrosoftが生成AIアプリ開発で提携、最新ドライバで2倍以上の速度を実現

NVIDIAとMicrosoftは、生成AIを使用するWindows 11アプリを強化するための提携を発表した。両社は、NVIDIAのRTX GPUを搭載したWindows 11 PCおよびワークステーション向けに、生成AIのニーズを満たすためのいくつかの改良を施すことを明らかにした。

Windows 11でのAI開発の加速

NVIDIA RTX GPUは、Adobe FireflyのようなAIベースのソフトウェアの実行を支援する「Tensorコア」を搭載している。AIの最適化と展開のためのフレームワーク、Windows PC上でAIを構築するためのツール、ドライバーの速度と効率の強化など、今回の提携による進歩により、開発者はAIの力を特徴とする次世代のWindowsプログラムを作成することができるようになるだろう。

「AIは、今後数年間、Windowsのお客様にとって唯一最大のイノベーションの原動力となるでしょう。ハードウェアとソフトウェアの最適化においてNVIDIAと協力することで、私たちは開発者に、変革的で高性能、かつ導入が容易な体験を提供することができます」と、MicrosoftのWindowsシリコンおよびシステムインテグレーション担当コーポレートバイスプレジデントPavan Davuluri氏は述べている。

これまでAI開発は主にLinux上で行われてきたため、開発者はシステムをデュアルブートするか、複数のPCを使用してAI開発OSで作業しながらも、Windowsエコシステムにアクセスする必要があった。

Microsoftは、WindowsがLinuxオペレーティングシステムをWindows本体で実行する事が出来る機能「Windows Subsystem for Linux (WSL)」によって、開発者の利便性を上げる事に取り組んできた。NVIDIAはMicrosoftと緊密に連携し、WSL内でGPUアクセラレーションとNVIDIA AIソフトウェアスタック全体のサポートを提供してきた。現在、開発者は、WSL上のGPU加速ディープラーニングフレームワークのサポートにより、ローカルAI開発のすべてのニーズに対してWindows PCを使用することが出来る様になっている。

NVIDIAは、Tensorコアの性能を向上させ、AIの推論に最適なものにするために大きな進歩を遂げた。NVIDIAのドライバー開発の目標は、Stable DiffusionのようなプログラムによってGPUの効率を向上させることだ。

Stable Diffusion Performance 532.03 Driver

NVIDIAは、AIベースのアプリケーションで効率的なパフォーマンスを消費者に提供するための具体的な計画を以下のように明らかにしている:

5月24日、Oliveに最適化されたモデルと組み合わせることで、AI性能を大幅に向上させる最新の最適化ドライバ Release 532.03をリリースします。Oliveに最適化されたバージョンのStable Diffusionテキスト画像ジェネレータと人気のAutomatic1111ディストリビューションを使用すると、新しいドライバでパフォーマンスが2倍以上改善されました。

AIがほぼすべてのWindowsアプリケーションに搭載されるようになり、推論パフォーマンスを効率的に提供することは、特にノートパソコンにとって重要です。近日中に、NVIDIAはRTX GPUのAI専用ワークロード向けに新しいMax-Q低消費電力推論を導入する予定です。これは、GPUの消費電力を可能な限り低く抑えながらTensor Coreの性能を最適化し、バッテリー寿命を延ばし、涼しく静かなシステムを維持します。 そして、ワークロードの要求に応じて、GPUを動的にスケールアップしてAI性能を最大化することができます。

ソフトウェア業界では、NVIDIAのAI技術が広く評価されており、Adobe、DxO、ON1、Topazなどの企業が、最適なユーザー体験の提供への貢献を挙げている。

現在のAIブームにより、企業がAIベースのアプリケーションの開発を加速させていることは間違いないだろう。このようなアプリケーションの主要な触媒として、NVIDIAのような企業の成功を大きく後押ししており、彼らは現在、業界における地位を強化するために(コラボレーションという形で)さらなる投資を行っている。


Source

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

コメントする