あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

Nikon、Sony、Canonのカメラ大手3社は、AIアルゴリズムによって生成される高度なフェイク画像の脅威からフォトジャーナリストの仕事を守るため、「改ざん防止」デジタル署名を特徴とする新技術を共同開発した。この技術革新は、本物の写真とAIが生成したビジュアルの区別を容易にし、企業や報道機関のセキュリティを強化することを目的としている。

日本経済新聞が報じたところによると、写真に付加されるデジタル署名には、日付、時間、場所、さらには撮影者の身元といった重要な情報が含まれ、Nikon、Sony、Canonが採用する「世界標準」に準拠する。

さらに3社は、画像を無料で認証するウェブベースの「ベリファイ」サービスを導入する。デジタル署名が施された画像については、ベリファイのウェブサイトに日付やその他の埋め込み認証情報が表示される。画像がAIによって生成されたもの、または改ざんされたものである場合、ウェブツールは “No Credentials”と表示する。

ベリファイは、Nikon、Sony、Canonnらの高級カメラの出力に真正性の透かしを埋め込む取り組みと連動する。日経によると、Nikonは近々、すべての写真にデジタル署名を挿入する認証技術を内蔵したプロ仕様のミラーレスカメラを提供する。Spnyは、デジタル署名の完全性を検証するために独自の認証サーバーを提供する。同社は10月にAP通信とこのソリューションをテストしたと報告されており、デジタル署名機能を備えた将来のカメラが期待されている。d一方、Canonは2024年中に認証署名を内蔵したカメラを発売する予定で、ビデオ認証署名も年内に登場する予定だ。

AIの誤情報対策に関して言えば、透かしは新しい手法ではない。昨年、Google DeepMindはSynthIDのテストを開始した。SynthIDは同社のImagenクラウドモデルと連動し、AIの出力に機械が作成したものであることを示す。この透かしは、画像の切り抜き、フィルター、非可逆圧縮など、除去や歪曲のほとんどの試みに耐える。SynthIDはまた、AI透かしのために画像をスキャンし、AIが生成したものとしてラベル付けすることもできる。

その他、Intelは肌の色の変化を分析することで画像の真偽を評価するソリューションを考案し、AdobeはLeicaと共同で署名ベースのセキュリティ機能であるContent Credentialsをサポwートしている。

ベリファイは、画像がAIの産物ではないことを舞台裏で証明することで、GoogleのSynthIDのコンセプトを覆す。デジタルsssss署名は、正当な写真がAIの出力と間違われるのを防ぐためのものだが(逆もまた然り)、昔ながらの盗作を減らすこともできる。ソーシャルメディア、ポートフォリオページ、その他のオンラインスペースには、故意または過失により、間違った人物にクレジットされた画像があふれている。また、オンラインで写真を閲覧するすべての人がその写真のデジタル署名を調べるわけではないが、クレジットを組み込むことで、詐欺師が他人の写真を自分の写真だと偽ろうとするのを阻止することができる。


Sources

Follow Me !

この記事が気に入ったら是非フォローを!

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする