Apple Watch Ultraの次世代モデルは2024年発売で、マイクロLEDディスプレイ採用との噂

masapoco
投稿日 2023年1月3日 19:35
Apple Watch Ultra Orange Alpine Loop Action button 220907 big.large 2x

香港の投資会社Haitong International SecuritiesのアナリストJeff Pu氏によるリサーチノートの中で(via MacRumors)、Appleの新しいApple Watch Ultraは2024年にアップデートされ、そのタイミングで新たにマイクロLEDディスプレイを搭載する可能性について報告されている。

2022年に初登場したApple Watch Ultraは、アスリート向けの極限状態での利用を想定した新たなモデルで、有機ELディスプレイを搭載しているが、これが置き換えられることになるようだ。

マイクロLEDディスプレイは、超小型のRGBそれぞれのカラーLEDを直接発光させることで映像を再現する自発光方式のディスプレイであり、それ自体は現行モデルの有機ELディスプレイと同様だが、有機ELに比べると高輝度が実現しやすく、屋外での視認性が上がること、また耐久性が高いことがメリットとしてあげられる。実用化が待たれる次世代ディスプレイの1つだ。

これが、2024年のApple Watch Ultraに採用されるとのことだ。そして、ディスプレイ自体も2.1インチになり大型化するとのことだ。

高価なApple Watch Ultraである事から、毎年のアップグレードにはならず2年ごとに更新されるモデルになりそうだが、次世代モデルでは更なるスペック的な差別化の可能性が示唆されたことで、より興味深いデバイスになりそうだ。


Source



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • samsung display flex hybrid
    次の記事

    Samsung、折りたたんでスライド出来るディスプレイ「Flex Hybrid」コンセプトを公開

    2023年1月4日 5:51
  • 前の記事

    iPhone 15 Proモデルの新たな噂、チタンボディに8GB RAM、触覚ボタンの搭載など

    2023年1月3日 18:29
    iphone 14 camera

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


今読まれている記事