あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

マサチューセッツ工科大学(MIT)の新しい研究によると、OpenAIのAIチャットボット「ChatGPT」を利用することで、労働者が特定の文章作成作業を完了するのにかかる時間が40%短縮され、アウトプットの質が18%向上した事が明らかになった。

「私たちが確実に言えることは、生成AIがホワイトカラーの仕事に大きな影響を与えるということです」と、MIT経済学部の博士課程に在籍し、博士課程の学生であるWhitney Zhang氏と論文を共著したShakked Noy氏は語った。

「私たちの研究が示しているのは、この種の技術がホワイトカラー労働に重要な応用が可能だということだと思います。有用な技術です。しかし、それが吉と出るか凶と出るか、あるいは具体的にどのように社会を適応させることになるかを判断するには、まだ時期尚早です」。

Noy氏は、この比較的新しい技術は労働者の生産性を向上させ、経済に正味のプラス効果をもたらすと主張している。

「経済学者が新しい技術開発について考えるとき、生産性は最重要課題です。経済学の古典的な考え方では、技術の進歩がもたらす最も重要なことは、経済的生産物をより効率的に生産させるという意味での生産性の向上だからです」と、Noy氏は述べている。

この研究では、大卒のマーケティング担当者、助成金ライター、コンサルタント、データアナリスト、人事担当者、管理職の453人に、それぞれの職業に特化した2つのライティング課題を与えた。その後、同じ職種の経験豊富な専門家が、どの提出物がChatGPTの助けを借りて作成されたかを知ることなく、それぞれの提出物を評価した。

研究によると、ChatGPTを使用した参加者は、対照グループよりも11分早くタスクを終了し、平均品質評価は18%向上した。

また、実験中にChatGPTに触れた労働者は、実験から2週間後に実際の業務でChatGPTを使用していると報告する可能性が2倍高いという興味深い発見もあった。

「この実験では、ファクトチェックやプロンプトの作成に時間を費やす必要があるため、現実の世界ではスピード面でのメリットが少ないとしても、実際にメリットがあることが実証されました」と、Noy氏は述べている。

研究者たちは今、ChatGPTの影響から、生成AIが経済に与える影響を推定したいと考えている。

「賃金や雇用、部門間のシフトに影響を与える要因は他にもたくさんあり、我々の論文にはない証拠が必要です」とZhang氏は言う。

「しかし、我々の論文では、時間の節約と品質の向上の規模が非常に大きいので、少なくとも特定の種類の仕事については、これはかなり革命的であるように思えます」。

研究者たちはまた、生成AIの普及に対して社会がどのように対応すべきかを評価したいと考えている。

「このような技術に適応するために必要な政策は、今後の研究によって大きく変わる可能性があります。これが低賃金労働者の賃金を押し上げると考えるなら、すでに高収入を得ている労働者の賃金を押し上げることで賃金格差を拡大させるのとは、まったく異なる意味合いになります。下流の経済的、政治的な影響を突き止めることが重要だと思います」と、Zhang氏は声明の中で述べている。


論文

参考文献

研究の要旨

我々は、生成的人工知能(AI)技術である支援チャットボットChatGPTの生産性効果を、中堅レベルの専門職のライティングタスクの文脈で調べた。事前登録されたオンライン実験では、453人の大卒の専門職に対して、職業に特化したインセンティブ付きのライティングタスクを割り当て、その半数にChatGPTをランダムに適用した。その結果、ChatGPTは生産性を大幅に向上させました:平均所要時間は40%減少し、アウトプットの質は18%上昇した。労働者間の不平等は減少し、AIに対する関心と興奮は一時的に上昇した。実験中にChatGPTに触れた労働者は、実験2週間後に実際の業務でChatGPTを使用すると回答する確率が2倍、実験2ヶ月後には1.6倍になった。

Follow Me !

この記事が気に入ったら是非フォローを!

Share on:

関連コンテンツ

コメントする