MITのスピンオフ企業「Liquid AI」が目指す全く新しいタイプのAI

masapoco
投稿日 2023年12月7日 12:09
artificial intelligence

MITのDaniela Rus教授が設立したスピンオフ企業「Liquid AI」は、あまり聞き慣れない「リキッド・ニューラル・ネットワーク」と呼ばれる比較的新しいタイプのAIモデルを搭載した汎用AIシステムの構築を目指している

リキッド・ニューラル・ネットワークは、各ニューロンの挙動を時間経過とともに予測する方程式に基づいて構成されている。このアーキテクチャの「リキッド」という名称は、その柔軟性を指しており、従来のAIモデルよりもはるかに小さく、実行に必要な計算能力も少ないのが特徴だ。例えば、ドローンを屋外環境でナビゲートするために訓練されたリキッド・ニューラル・ネットワークは、わずか2万のパラメータと20未満のニューロンで実現するという。

リキッド・ニューラル・ネットワークの小さなサイズとシンプルなアーキテクチャは、解釈可能性という利点も提供する。例えば、GPT-3の50,000以上のニューロンの機能を理解することは困難だが、リキッド・ニューラル・ネットワーク内の各ニューロンの機能を把握することはより管理しやすい。

リキッド・ニューラル・ネットワークのもう一つの魅力的な特徴は、時間の経過とともに「成功」のためにそのパラメータを適応させる能力である。これらのネットワークは、データの連続したシーケンスを考慮し、そのニューロン間の信号の交換を動的に調整する。この特性により、リキッド・ニューラル・ネットワークは、訓練されていない状況や環境の変化にも対応できる。

リキッド・ニューラル・ネットワークは、大気化学から車両交通までのデータセットで将来の値を予測する他の最先端アルゴリズムを上回る成果を示している。さらに、自律ナビゲーションにおいても印象的な成果を達成している。Rus教授とLiquid AIチームは、プロのドローンパイロットが収集したデータで液体ニューラルネットワークを訓練し、そのアルゴリズムをクアッドローターの艦隊に展開した。これらのドローンは、森林や密集した都市地区など、さまざまな屋外環境で長距離の追跡やその他のテストを行った。

リキッド・ニューラル・ネットワークは、ドローンが未探索の空間で目標に到達するための決定を行うことができ、ノイズやその他の挑戦が存在する状況でも他のモデルを上回った。さらに、リキッド・ニューラル・ネットワークは、微調整なしで見たことのないシナリオに信頼性を持って一般化する唯一のモデルであった。

リキッド・ニューラル・ネットワークの応用分野には、ドローンによる捜索救助、野生動物の監視、配達などが含まれる。しかし、Rus教授とLiquid AIチームは、電力網、医療データ、金融取引、厳しい気象パターンなど、時間の経過とともに変動するあらゆる現象の分析にもこのアーキテクチャが適していると主張している。ビデオのような連続したデータを含むデータセットがあれば、リキッド・ニューラル・ネットワークはそれに基づいて訓練することができる。

Liquid AIは、この新しいアーキテクチャを商業化することを目指している。共同設立者でCEOのRamin Hasani氏によると、同社はGPTなどの基礎モデルを構築する企業と競合しており、シード資金によってGPTを超える新しいLiquid基礎モデルを構築することが可能になるという。

液体ニューラルネットワークのアーキテクチャに関する作業も継続されると予想される。2022年だけでも、Rus教授の研究室は、液体ニューラルネットワークを以前には考えられなかったほど大規模にスケールアップする方法を開発した。他のブレークスルーも、幸運にも、地平線上に潜んでいる可能性がある。

Liquid AIは、新しいモデルの設計と訓練に加えて、顧客向けのオンプレミスおよびプライベートAIインフラストラクチャを提供し、これらの顧客が自分たちのユースケースに合わせたモデルを構築できるプラットフォームを提供する計画である。

Hasani氏は、「大規模AIモデルの責任と安全性は最も重要です。Liquid AIは、特定のドメインおよび生成AIアプリケーションの両方に対して、より資本効率が高く、信頼性があり、説明可能で、能力のある機械学習モデルを提供します」と、述べている。

Liquid AIの創設チームには、Daniela Rus教授をはじめ、Ramin Hasani(CEO)、Mathias Lechner(CTO)、Alexander Amini(最高科学責任者)が名を連ねている。Hasaniは以前、Vanguardの主任AI科学者として活動し、MITでポスドク研究員および研究員を務めていた。LechnerとAminiは長年にわたりMITで研究を行っており、HasaniとRusと共に液体ニューラルネットワークの発明に貢献している。

この企業は、シードラウンドで約3,750万ドルを調達し、その評価額は3億300万ドルに達している。出資者にはOSS Capital、PagsGroup、WordPressの親会社であるAutomattic、Samsung Next、Bold Capital Partners、ISAI Cap Ventureが含まれ、GitHub共同創設者のTom Preston Werner、Shopify共同創設者のTobias Lütke、Red Hat共同創設者のBob Youngなどのエンジェル投資家も参加している。

現在、Liquid AIはパロアルトとボストンに拠点を置いており、12人のチームを擁している。Hasani氏は、来年初めまでにその数が20人に増えると予想している。


Sources



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • espresso
    次の記事

    コーヒーカスを抑えて、より濃度の高いコーヒーを淹れる科学的な方法が見つかる

    2023年12月7日 15:12
  • 前の記事

    有機EL iPad Pro、新型iPad Air、M3 MacBook Airなどが2024年3月までに登場と報じられる

    2023年12月7日 11:53
    Apple WWDC22 MacBook Air 4up colors hero 220606

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


今読まれている記事