MetaやGoogleの元研究者らが設立したAIスタートアップ「Mistral AI」が史上最高額の資金調達

masapoco
投稿日 2023年6月15日 6:56
artificial intelligence

フランスのスタートアップ「Mistral AI」は、ヨーロッパ史上最大のシード資金調達ラウンドを終了し、1億500万ユーロの資金を調達した。MetaとGoogleの元AI研究者によってわずか1か月前に設立され、製品もなく、従業員もまだ雇われていない同社は、すでに2億4000万ユーロの評価を受けている。Mistral AIは、AIの歴史上、おそらく史上最大級のシード資金を受け取っており、OpenAIをも上回っているのだ。

「最高の生成AIモデルを開発するために、世界クラスのチームを編成しています」と、同社の野心的な目標は語られている。

例えば、OpenAIは2015年に1,000万ドルの資金調達でスタートした。一方、AnthropicやCohereといった他のAIスタートアップは、シリーズAでそれぞれ1億2400万ドル、4000万ドルを調達し、Stability AIはシードラウンドで1億100万ドルを調達している。

EU vs 米国

今回の注目すべき資金調達ラウンドは、EUにおけるAIへの熱意の高まりと、Microsoft、OpenAI、Google Deepmindといったシリコンバレーの老舗企業に代わる本格的な企業を作ろうという野望が徐々に高まっていることを強調している。

Mistral AIの創業者であるArthur Mensch、Timothée Lacroix、Guillaume Lampleは、MetaやGoogleでの経験に基づく飛躍的な成功から恩恵を受けるはずだ。彼らは、多くの著名な投資家を惹きつけている:このラウンドは、SnapchatやEpic Gamesなどの企業に初期投資を行っているLightspeed Venture Partnersが主導している。

その他の著名な投資家には、元Google CEOのEric Schmidt、フランスの通信億万長者Xavier Niel、フランス政府の支援を受けた投資銀行Bpifranceが含まれる。

Lightspeedの投資担当者Guillaume Lample氏によると、「非常に優秀なチームです。言語モデルやその最適化に関する専門知識を持つ人は、今世界で70〜100人しかいないと考えています」と、この分野で特定の有望な企業に投資が集中する理由を明かす。

Mistral AIはまだ製品を持っていないが、それはすぐに変わると予想される:同社は、ChatGPT、Bard、Claudeのようなソリューションに代わる欧州向けの大規模な言語モデルの開発を計画しているようだ。発売は来年初めの予定と伝えられている。

ヨーロッパ中心のチーム

欧州のパリに拠点を置くMistral AIは、AIスタートアップレースの資金を一手に引き受ける可能性がある。同社は、DeepMindのArthus Mensch、Meta AIのGuillaume LampleとTimothée Lacroixによって設立された。LampleはMeta AIのLLaMaモデルを支えるチームのコアメンバーの一人で、オープンソースの先頭を走っている。

Lightspeed Venturesが彼らにアプローチしたとき、創業者たちはÉcole PolytechniqueとÉcole Normale Supérieureで学んでおり、3人は子供の頃からお互いを知っていた。

興味深いことに、シリコンバレー以外のスタートアップがスポットライトを浴びるのは今回が初めてだ。つまり、Meta、Apple、Google、Amazonといった巨人とは別に、AIのバトンは徐々にビッグテックから奪われ、今は開発者の手元にあるということだ。

しかし、このヨーロッパのスタートアップは、GDPRやEU AI法のような厳しい規制のハードルを乗り越えられるのだろうかという疑問がつきまとう。逆に、OpenAIの成功は、法律が厳しくない米国に拠点を置いていることとリンクしていう。また、OpenAIのフランス(ヨーロッパ)のユーザーベースが最も小さい、つまり全世界のユーザーの3.98%である理由の1つが、これらの法律が理由だ。つまり、Mistral AIがOpenAIを超えるインパクトを与えるには、ヨーロッパからの移転を検討する必要があるかも知れない。

Mistral AIは、これまでの資金調達の活用状況をまだ明らかにしていない。しかし、創業者たちのオープンソースに対する考え方から、他社がユーザーのデータでトレーニングを行ったことで多くの反発を受けたように、法的な問題を避けるために、公開されたデータを通じてモデルを構築したいであろうことは明らかだ。

TechCrunchによると、創業者たちは企業向けのオープンソースソリューションを構築することに注力しており、消費者中心のものを構築することは考えていない。主任のMenschは、AIを有用なものにすることが現在の生成AI分野における最大の課題の1つであると考えており、そのため、2024年に製品を市場にリリースしたいと考えている。創業者たちの研究熱心な姿勢は、ビジョンにも表れている。

問題は、OpenAIが社名にある「オープン」という言葉を守っていないと同社が考えていることだった。しかも、OpenAIのプロプライエタリなアプローチによって、大企業が自分たちのためにモデルを構築することが当たり前になってしまっている。Menschとチームは、「オープンソースは我々のDNAの中核をなすものである」と考えている。

OpenAIのモデルがリリースされて以来、GPTはAIの世界の多くの人々にとって、腕の振るいどころのように感じられたと、3人は述べている。「昨年、技術が加速し始めたのを目の当たりにしました」。

当初、OpenAIもオープンソースの会社としてスタートし、今では彼らがどこに向かっているのかが分かっている。今、Metaはオープンソースをリードしていると考えているが、それは彼らの技術がGPT-4やPaLM 2と同等でないからに他ならない。

米国封鎖の結果としてのEUの資金調達

ヨーロッパのスタートアップがこれほど早く信頼を得たのは、3人の創業者の経歴によるものだけではないかもしれない。EUのAI規制が進化する中で、欧州のプライバシーガイドラインを満たし、米国や中国に依存しない言語AIのニーズも高まっているのだ。欧州のプライバシー問題は、GoogleのBardチャットボットに問題を起こしており、EUのプライバシー規制当局もChatGPTを標的にしている。


Source



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • BlogImage1 zAa1DR7.width 1600.format webp
    次の記事

    Google、生成AIを使い「バーチャル試着」を実現

    2023年6月15日 8:50
  • 前の記事

    EUはAI規制法の合意に向けた大きな一歩を踏み出した

    2023年6月15日 6:38
    artificial intelligence

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


今読まれている記事