あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

タイタニック号探索ツアーの潜水艇が行方不明に:潜水艇とは何か、何が問題だったのか?

タイタニック号の沈没船への潜水中に行方不明になった商業用潜水艇を探すため、大規模な捜索と救助活動が行われている。

米国沿岸警備隊によると、潜水艇との連絡が途絶えたのは潜水開始から約1時間45分後で、5人が搭乗していた。同船は、現地時間の日曜日午後9時13分に延着が報告された。

この探検は、米国のOceanGate社が8日間の旅行の一環として行っていたもので、ゲストは沈没船サイトを訪れるために一人当たり250,000米ドルを支払っていた。米国沿岸警備隊のJohn Mauger少将は、月曜日の午後の時点で、この潜水艇は乗客が利用できる酸素が70時間から96時間の間であった可能性が高いと述べている。

タイタニック号の沈没船は、ニューファンドランドのセントジョンズから南へ約700km、大西洋の深さ約3,800mに沈んでいる。この広大な海域で、小型バスほどの大きさの水中車両を発見することは、並大抵のことではない。ここでは、捜索・救助チームの挑戦の様子を紹介する。

OceanGate社の潜水艇「Titan」が行方不明となる

潜水艇は、潜水艦と同じような動きをする有人水上船だが、その航続距離はかなり限られている。沈没船の探索や水中環境の記録など、調査や探査の目的で使用されることが多い。潜水艦とは異なり、通常、乗客が外を見るための展望台や、潜水艦の周囲を広く見渡すための外部カメラを備えている。

今回、行方不明になった潜水艇は、水深4,000mまで5人で潜れるOceanGate Titanという潜水艇だ。Titanは全長約6.7メートル、速度は約3ノット(時速5.5km)だ。潜水艇は水上船とテザーでつながっていることが多いが、映像や写真から、Titanは水上船から独立して運行していた可能性が高い。

OceanGate社のWebサイトによると、Titanは「現場の調査・点検、研究・データ収集、映画・メディア制作、ハードウェア・ソフトウェアの深海試験」に使用されている。

また、「リアルタイム船体健全性監視(RTM)システム」を搭載している。これには、Titanのカーボンファイバー製船体の健康状態を監視するためのストレインゲージが含まれると思われる。ストレインゲージとは、圧力、張力、重量の変化から生じる材料の小さな変形や加えられた力を測定できるセンサーの一種だ。

Titanのカーボンファイバー船体は、深海の圧力に耐えられる複合チタンでできた2つのドームをつないでいる。タイタニック号が沈んだ海底3,800mでは、地表の大気圧の約380倍の圧力がかかると言われている。

file 20230620 23 c6k9lo
水中で発射台に乗り、潜水開始の合図を待つTitan (Credit: OceanGate)

通信と救助活動

Titanの側にはトランスポンダ(ソナー信号を受信する装置)、地上の船にはトランシーバ(通信を送受信できる装置)があり、地上の船と音響的につながっていた。

このリンクにより、水中での音響測位や、水上船との短いテキストメッセージのやり取りが可能になるが、共有できるデータ量は限られており、通常は基本的なテレメトリやステータス情報などだ。

Titanはバッテリー駆動の潜水艇だ。地上船との連絡が途絶えたことから、停電が発生した可能性がある。理想的には、緊急時や生命維持装置を維持するための緊急バックアップ電源(独立したバッテリーなど)があるべきだが、行方不明の船舶が何らかのバックアップ電源を持っていたかどうかは不明だ。

報道によると、少なくとも2機の航空機、潜水艦、ソナーブイが船舶の捜索に当たっている。ソナーブイは、緊急救難ビーコンが鳴ったかもしれないことを含め、水中のノイズを聞き取ることになる。

救助活動の大きな課題のひとつは、天候との闘いであり、すでに狭くなっている捜索範囲をさらに狭めることになる。

file 20230620 49349 cnzdk6
水深4,000mまで潜行するTitan。 (Credit: OceanGate)

何が起こったのか?

最悪の場合、Titanは動力を失い、水面に戻るための安全システムが組み込まれている可能性がある。例えば、重りを投下することで瞬時に浮力を増加させ、浮上するような仕組みが備わっている可能性がある。

あるいは、船が動力を失い、海底に沈んでしまったかも知れない。この場合は、より困難な結果となる。

最悪のシナリオは、圧力容器が壊滅的なダメージを受けた場合だ。Titanの船体は深海の圧力に耐えられるよう複合材で作られているが、形状や構造に欠陥があると、その完全性が損なわれる可能性があり、その場合、爆発する危険性がある。

また、電気系統のショートなど、船内で火災が発生した可能性もある。この場合、船舶のナビゲーションやコントロールに使用される車両の電子システムが損なわれる可能性がある。火災は閉鎖的な水中環境では悲惨な出来事であり、乗員や乗客の生命を奪う可能性がある。

時間が最も重要だ。捜索救助隊は、限られた酸素と水の供給が尽きる前に船を発見する必要がある。

科学界では、有人潜水艇の利点について議論が続いているが、そのたびに安全上のリスクが発生する。

現在、水中での調査や海上での産業活動は、無人機やロボットを使って行われている。これらの乗り物が失われた場合、作業には支障が出るかもしれないが、少なくとも人命が危険にさらされることはない。今回の事件を受け、深海観光をサポートするためにこれらのシステムを使用することのリスクについて、激しい議論が交わされることになりそうだ。

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

本記事は、Stefan B. Williams氏によって執筆され、The Conversationに掲載された記事「Missing Titanic sub: what are submersibles, how do they communicate, and what may have gone wrong?」について、Creative Commonsのライセンスおよび執筆者の翻訳許諾の下、翻訳・転載しています。

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

コメントする