MicrosoftとOpenAIの関係が競争規制当局の監視対象に

masapoco
投稿日 2023年12月9日 7:18
PNG openai

Microsoftは長年にわたりOpenAIの主要な財務および技術パートナーであり、自社のCopilotサービスなどで同社のChatGPTやDALL-Eの生成AIモデルを使用してきた。だが今、その緊密な関係が英国の規制機関である競争市場庁(CMA)から注目を集めている。

CMAはプレスリリースの中で、MicrosoftとOpenAIの提携が「合併に関連する状況に至った」場合、「当事者や関心を持つ第三者に早期に意見を送る機会を提供する」と述べている、

CMAは、OpenAIの取締役会がSam Altman最高経営責任者(CEO)を解任した11月の混乱の後、この提携に関心を持ったようだ。この取締役会の決定に対し、社内の他のメンバーは公然と反乱を起こし、数日の荒れた後、その取締役会は解任され、Altman氏はCEOとして復帰した。Microsoftは現在、OpenAIの新しい取締役会の投票権を持たないメンバーでもある。

本日の発表で、CMAは次のように述べた:

これらの進展を踏まえ、CMAは、MicrosoftとOpenAIのパートナーシップが、最近の進展も含め、関連する合併状況をもたらしたかどうか、また、もしそうであれば、競争への潜在的影響を判断するため、ITCを発行する。

規制当局によれば、MicrosoftがOpenAIの「重要な影響力、事実上の支配力、または議決権の50%以上」を持つ可能性があるかどうかを調査するとのことだ。もしそのようなことが起こったと感じれば、そのような動きが英国で競争上の影響を及ぼす可能性があるかどうかも調べるかもしれない。

MicrosoftのBrad Smith社長は、Xへの投稿でCMAのこの動きについてコメントしている。:

2019年以来、我々はOpenAIとパートナーシップを結び、両社の独立性を保ちつつ、より多くのAIイノベーションと競争を促進してきた。唯一変わったのは、MicrosoftがOpenAIの取締役会に議決権のないオブザーバーとして参加するようになったことで、これはGoogleが英国でDeepMindを買収したような買収とは大きく異なります。我々はCMAと緊密に協力し、CMAが必要とするすべての情報を提供していく。

CMAは、これはMicrosoftとOpenAIに関する調査の第一段階に過ぎず、”正式な第一段階の調査の開始に先立つものである”と述べている。この調査がいつ行われるのか、あるいは行われる可能性があるのかについては、まだ明らかにされていない。


Sources



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • cbc1692938b6f6250c695bbd09b50bb8
    次の記事

    未来のストレージはダイヤモンドに原子1個レベルでデータを書き込むことで実現する

    2023年12月9日 10:36
  • 前の記事

    Tencentの新たなグローバル本社「Tencent Helix」は、ねじれた4つタワーを特徴とする

    2023年12月9日 7:10
    tencent helix buro ole scheeren architecture office china news dezeen 2364 col 1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


今読まれている記事