Microsoft、2028年までに核融合発電を実現するHelion Energyと電力供給契約

masapoco
投稿日
2023年5月11日 12:24
helion

Microsoftは、核融合発電の実現を目指すクリーンエネルギー企業Helion Energyと、Helion初の核融合発電所から電力を購入する契約を締結した。同社によると、この核融合発電所は2028年から50メガワットのクリーンな発電を開始する予定で、ほぼ無駄のない電気を作り、エネルギー会社のConstellation Energyが配給する予定だという。

核融合は、処理中に廃棄物や放射能をほとんど発生させず、核分裂よりもはるかにリスクが低いため、60年以上にわたってエネルギーの目標にされてきた。しかし、太陽のような恒星で起こるのと同じプロセスを実現するのは非常に難しく、反応を制御するために必要なエネルギーは、生成するエネルギーよりも多くなってしまっている。Helionのような企業がこの反応に注目するのは、潜在的な報酬を得るためであり、進歩はゆっくりかつ着実に進んでいる。Helion社は、10年以上にわたって核融合技術の開発に取り組んできた。現在までに6つの実用的なプロトタイプを製作し、2024年には7つ目のプロトタイプでエネルギー生産能力を実証する予定だ。

専門家の間では、世界初の核融合発電所が実現する時期について、10年後から数十年後まで様々な予測がなされている。Helion社が成功するかどうかは、極めて短期間で目覚ましいブレークスルーを達成し、その技術を商業化して他のエネルギー源とコスト競争力を持たせるかにかかっている。

「これは本当のPPAなので、Helionが電力を供給できなければ、金銭的なペナルティがあります。私たちは、この電力が供給できると信じ、私たち自身の経済的インセンティブでこの事業にコミットしています」と、HelionのCEOであるDavid Kirtley氏は、CNBCに語っている。

核融合による発電は、強力なレーザー光線を小さなターゲットに照射したり、磁場を利用してプラズマと呼ばれる過熱物質をトカマクと呼ばれる機械に閉じ込めるなど、最先端の試みが行われている。

だが、Helionの方式はそのどちらとも異なる。同社が開発しているのは、燃料を1億℃に加熱するプラズマ加速器という12メートルほどの装置だ。重水素(水素の同位体)とヘリウム3を加熱してプラズマにし、デバイスの両端から時速160万kmを超える速度で衝突っせることで、プラズマを圧縮して核融合させるのだ。

Helion社は、この装置は最終的に反応の引き金となる電気を回収できるはずで、それを装置の磁石の再充電に利用できると主張している。

核融合発電を実現するためには、エネルギー効率の良い方法を見つけ出すことが重要だ。原子を融合させるためには、非常に高い熱と圧力が必要になる。しかし、最近まで、核融合反応で発生する以上のエネルギーを消費することなく、核融合を実現することはできませんでしたできなかった。12月、米国の国立点火装置において、レーザー核融合は「核融合点火」と呼ばれる大きなブレークスルーを達成した。つまり、研究者は初めて、エネルギーが正味で増加する核融合反応を引き起こすことができたのだ。これは、Helionがまだ達成できていない大きなマイルストーンである。

ヘリウム3の燃料を十分に確保することは、商業的に大量に生産する方法がなければ、もう一つの大きな課題である。ヘリウム3は、量子コンピューターや医療用画像処理に使われる非常に珍しい同位体だ。しかし、Helionは、プラズマ加速器で重水素原子を融合させてヘリウム3を製造するプロセスの特許を取得しているという。そもそも核融合の魅力のひとつは、宇宙で最もシンプルで最も豊富な元素である水素を燃料にできることだ。

仮にHelionがこれを実現できたとしても、それを安価に実現する必要がある。消費者向けに発電する電力のコストは、現在の発電所や太陽光発電所、風力発電所と同等かそれよりも安くする必要がある。Microsoftとの電力購入契約で合意した価格は公表されていないが、同社の目標はコストを1キロワット時1セントにまで下げることだという。

Helionの出資者には、OpenAIのCEOであるSam Altman氏も含まれる。Microsoftは、ChatGPTのような人気ツールの開発を後押しするため、OpenAIに数十億ドルの投資を行っています。AltmanはHelionの取締役会長であり、最大の投資家であるとThe Washington Postは報じており、HelionとMicrosoftの電力購入契約の仲介に関わった可能性がある。

Mcrsoftの副会長兼社長であるBrad Smith氏は、プレスリリースで「Helionの発表は、私たち自身の長期的なクリーンエネルギー目標をサポートし、より多くのクリーンエネルギーをより早くグリッドに届けるための新しい効率的な方法を確立する市場を前進させるでしょう」と述べている。


Sources



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • google cloud a3 hero
    次の記事

    Google Cloud、AI駆動用にNVIDIA H100 GPUを採用した新しいVM「A3」スーパーコンピュータを発表

    2023年5月11日 13:24
  • 前の記事

    Google、Pixel 7 Proと同等の処理能力を持つ廉価版スマホ「Pixel 7a」を発表

    2023年5月11日 10:46
    Pixel 7a official press image
この記事を書いた人
masapoco

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


おすすめ記事

  • Babylon 7

    Microsoft、Webゲーム用のグローバルイルミネーションサポートを追加したBabylon.js 7.0を公開

  • a04c35e8e555c1cc7ae1d6a5f3159856

    MicrosoftとOpenAI、1000億ドル以上をかけて超人的AI開発のためのスーパーコンピューター「Stargate」を開発する計画

  • microsoft edge chromium

    Microsoft EdgeブラウザでRAMの消費量を制御出来る機能がテスト中

  • cyberpunk 2077 night city wire june 2020 nvidia geforce rtx exclusive screenshot 001

    Microsoft、SSDを活用し少ないVRAMでもレイトレーシング性能を向上出来る手法の特許を公開

  • rocket start propulsion system

    世界初となる核融合を利用した電気推進装置の実証実験が成功

今読まれている記事