あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

Microsoft、Android向け「Copilot」アプリをリリース

MicrosoftがAndroid向けのCopilot専用アプリを公開していたことが明らかになった。大々的な発表を伴わない、ひっそりとした公開だ。この新しいアプリは現在Google Playストアで入手可能で、Bingモバイルアプリを使わずにOpenAIのGPT-4に基づくAIチャットボット「Copilot」にアクセスできる。どうやらAndroidのCopilotは、ほぼ1週間前から利用可能になっていたようだ。ちなみに、iOSバージョンはまだ登場していない。

MicrosoftのAndroid版CopilotアプリはChatGPTとほぼ同様の機能を提供する。チャットボット機能、DALL-E 3による画像生成、メールやドキュメントの下書き機能を利用できる他、ChatGPTでは有料であるOpenAIの最新GPT-4モデルへの無料アクセスも含まれている。

Bingアプリでも同様の機能が提供されるため、Copilotアプリが未だリリースされていないとしても、iOSユーザーは特に困ることはないだろう。

Android向けCopilotアプリのローンチは、MicrosoftがBing ChatをCopilotにリブランドしてから1カ月あまり後のことだ。Microsoftはもともと、今年初めにBing検索エンジン内でAIプッシュを開始し、検索結果にChatGPTのようなインターフェイスを統合した。これはまだ利用可能だが、MicrosoftはBing Chatのブランドをやめ、Copilotをより独立したエクスペリエンスとし、ChatGPTのようにcopilot.microsoft.comの専用ドメインも用意している。

わざわざ独立してCopilotアプリとしてリリースさせたのは、MicrosoftがAIチャットボットと検索機能を明確に区別したいという意図の表れか、それともCopilotブランドの推進のためだろうか。


Sources

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする