あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

マイクロソフト(Microsoft)は、Surface Proの10周年を記念して、「Surface Pro 9」を発表した。恐らく同社がSurfaceシリーズの中で最も力を入れているであろうこの画期的な2in1デバイスは、デザインが控えめにアップグレードされたことに加え、内部にはいくつかの重要な変更が加えられている。

昨年のSurface Pro 8は、Thunderbolt 4などの待望の機能や120Hzディスプレイなどの多くのアップグレードが行われ、MicrosoftのタブレットPCにとって最大のデザインアップグレードの1つだった。今年のSurface Pro 9は、また大きな進化を遂げている。通常のチップ更新により、Intel(Intel)のはるかに優れた第12世代CPUに変更が行われたことに加えて、新たにカスタムSQ 3 Armチップを搭載した新しい5G搭載モデルも登場したのだ。

デザインはこれまでとは変わらず、13インチの高リフレッシュレートPixelSense Flowディスプレイとスリムなベゼル、優れたSurface Pro KeyboardとSurface Pen Slim 2のサポート、そしてトレードマークのアルミニウム製キックスタンドが備えられる。

今年のSurface Pro 9は、プラチナ(シルバー)、グラファイト(グレー)、そして新たにサファイア(ブルー)、フォレスト(グリーン)の仕上げが追加されている。

15dcacef d03c 4636 a7f7 515e56bc8292 family 04 rgb

Surface Pro 9のスペック

  • 画面: 13 インチ PixelSense Flow ディスプレイ、解像度 2,880 x 1,920、リフレッシュ レート 120Hz
  • プロセッサー:第 12 世代Intel Core i5-1235U、第 12 世代Intel Core i7-1255U (Surface Pro 9)、または NPU 搭載 Microsoft SQ 3 (5G 搭載 Surface Pro 9)
  • ポート: Thunderbolt 4.0 および Microsoft Surface コネクタ (Surface Pro 9) を備えた 2 つの USB-C ポート、または 2 つの USB-C 3.2 ポート、nano SIM スロット、および Microsoft Surface コネクタ (5G を備えた Surface Pro 9)
  • バッテリー:最大 15.5 時間 (Surface Pro 9) または最大 19 時間 (Surface Pro 9 with 5G)
  • RAM: 8GB、16GB、または 32GB の LPDDR5 RAM (Surface Pro 9)、または 8GB または 16GB LPDDR4x RAM (Surface Pro 9 with 5G)
  • ストレージ: 128GB、256GB、512GB、または 1TB のリムーバブル SSD ストレージ (Surface Pro 9)、または 128GB、256GB、または 512GB のリムーバブル SSD ストレージ (Surface Pro 9 with 5G)
  • カメラ: 1080p Windows Hello フロント カメラと 10 メガピクセルのリア カメラ

Surface Pro 9は、第12世代Intel Core i5またはi7チップと、最大32GBのLPDDR5 RAMを搭載している。Microsoft SQ 3を選択すると、バッテリー寿命が長くなり、5Gをサポートするだけでなく、NPU(ニューラル・プロセッシング・ユニット)により実現されるいくつかのWindows Studio機能がアンロックされる。今のところ、これらはAppleがカスタムシリコンで提供しているもの(ビデオ通話での自動フレーミング、ポートレートブラーなど)に似ているが、GoogleがPixel携帯で行っているのと同じように、マイクロソフトが独占的なAI機能を提供することを考えているのかもしれない。

いずれにせよ、Surface Pro 9のようなフラッグシップデバイスでArmオプションをサポートすることは、マイクロソフトがWindows on Armに真剣に取り組んでいることの表れである。同社はSurface Pro Xで初めてモバイルファーストプロセッサのサポートを導入したが、Surface Pro 9のSQ 3は自信の表れであると同時に、AppleのMシリーズの競合に追いつくための試みである可能性が高い。

マイクロソフトは、新色と同時に、ロンドンのデザインハウスLibertyがデザインしたSurface Pro 9のスペシャルエディションも発表した。Liberty Surface Pro 9には、花柄のブルーの特注キーボードカバーと、Windows 11の壁紙「Bloom」にインスパイアされた特別なエッチングが施されたSurfaceが含まれている。

80643880 4b1a 4efc 993b 49e65ec0ca7d render 04 rgb engrave

Surface Pro 9は11月29日に発売され、価格はエントリーレベルのプラチナ・オプションで162,580円からとなっている。カラーバリエーションの選択肢を増やしたい場合は、174,680円のIntel Evo Core i5モデルにステップアップする必要がある。Windows on Armを味わうには、216,480円が必要だ。Microsoft Storeでは、Surface Pro 9の可能なすべてのオプションを見ることができる。

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする