あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

Microsoft、AIアシスタント「Microsoft Copilot」やBingでのDALL-E 3対応など多数のAI製品を発表

Microsoftは、Github、Microsoft 365、Bing、Edgeなどの製品に統合される包括的なAIコンパニオンである「Microsoft Copilot」を発表した。

Copilotは、ウェブコンテキスト、ユーザーデータ、PC上のリアルタイムのユーザーアクティビティを「独自に組み込んで」、ユーザーのプライバシーとセキュリティを優先しながら支援を提供する、とMicrosoftは主張している。Microsoft Copilotは、Windows 11、Microsoft 365、EdgeおよびBingウェブブラウザで利用できる。

Copilotの機能拡張に伴い、さまざまなMicrosoftのアプリケーションでAI機能の拡張がリリースされる予定だ。Copilotの最初の展開は、9月26日に提供される予定のWindows 11アップデートで行われる

「私たちは、あなたの生活全体で機能する1つの体験を提供するという私たちのビジョンのために、私たちの最も使用されているアプリケーション全体にCopilotの機能と接続を時間をかけて追加していきます」と、コーポレート・バイスプレジデント兼コンシューマー・チーフ・マーケティング・オフィサーのYusuf Mehdi氏は述べている。

ペイントアプリもAIアップグレード

2023 09 21 image 29 j 1100

このアップデートでは、ペイントと写真のAI機能強化、スニッピングツールに画像から特定のテキストコンテンツを抽出して別のアプリケーションにペーストできる新機能、メモ帳とOutlookの機能更新など、150以上の新機能が追加される。

Microsoftの古典的なペイントアプリが生まれ変わり、描画とデジタル作成のためのAIのサポート、AIの背景除去とレイヤー、およびペイントアプリケーションに生成AIをもたらすCocreatorのプレビューが開始される。

BingのDALL·E 3統合

加えて、Microsoftは、OpenAIのDALL·E 3画像ジェネレーターへのアクセスを近々追加すると発表した。

10月にChatGPTの企業ユーザー向けにリリースされるDALL·E 3は、ユーザーが入力したプロンプトをより的確に理解するようになり、これまで以上に高精度な画像生成を可能とする。Microsoftは、BingのDALL·E 3がいつリリースされるかは明らかにしていない。

加えて、BingとEdgeプラットフォームでは、パーソナライズされた検索回答とMicrosoft ShoppingのAI機能強化、Bing Chat Enterpriseのモバイルサポート、マルチモーダル視覚検索、Image Creatorが間もなく提供される。

さらに、Microsoft 365 Chatが、電子メール、会議、チャットのより良い管理を通じて仕事のパフォーマンスを変革するために設計されたMicrosoft 365 Copilotの一部としてデビューする。Microsoft 365 Copilotは、Microsoft 365 Chatとともに、2023年11月1日から一般的に利用できるようになる。


Source

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする