Microsoft、無料版CopilotがOpenAIの最新大規模言語モデル「GPT-4 Turbo」に対応したことを発表

masapoco
投稿日
2024年3月13日 8:38

OpenAIは、大規模言語モデルの最新版GPT-4 TurboをまだChatGPTで採用しておらず、MicrosoftのAIチャットボットの有料プラン「Copilot Pro」での利用や、APIでの利用に限られていたが、Microsoftは同社の無料版Copilotにおいても、GPT-4 Turboの採用を開始した。

この発表は、Microsoftの広告およびWebサービスの責任者であるMikhail Parakhin氏の、X(旧Twitter)への投稿で明らかになった。

Microsoftの生成AIパートナーであるOpenAIは、2023年11月にGPT-4 Turboを初めて発表した。GPT-4 Turboは、より大きな128Lのコンテキストウィンドウへのアクセスをユーザーに提供し、テキストプロンプトへの入力が300ページの長大な物も可能になることを意味する。Microsoftは12月に初めてGPT-4 Turboのサポートを追加すると発表し、その後Copilot Proのサブスクリプションで追加した。

Parakhin氏は、Copilot Proのサブスクライバーで、Copilotで古いGPT-4を使い続けたい人は、トグルをクリックしてそのモデルに切り替えることができると付け加えた。

これに先立ち、Microsoftは、すべてのCopilot Proユーザーに、独自のチャットボットを作製出来るCopilot GPT Builder」の提供を開始している。この新しいツールにより、ユーザーはプログラミングの知識がなくても、対象となるテーマについてより具体的な質問に答えることができる独自のカスタムチャットボットを作成することができる。なお、こうして作成されたカスタムチャットボットは、Copilot Proアカウントを持っていない人に対しても共有可能で、無料ユーザーは、モバイルデバイスとPCの両方で、共有されたカスタムチャットボットを利用する事が出来る。


Source



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • play games pc open beta redesign
    次の記事

    Google、PCゲームの拡大やゲーム内“没入型広告”などの新たな取り組みを共有

    2024年3月13日 10:24
  • 前の記事

    AI投資は2023年に急拡大、資金調達額が過去最高の500億ドルに

    2024年3月13日 7:00
    bf50a5064cdef3151414794238e9f122
この記事を書いた人
masapoco

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


おすすめ記事

  • openai

    OpenAI、15秒の音声サンプルから感情豊かで自然な音声を合成できる「Voice Engine」を発表

  • Babylon 7

    Microsoft、Webゲーム用のグローバルイルミネーションサポートを追加したBabylon.js 7.0を公開

  • a04c35e8e555c1cc7ae1d6a5f3159856

    MicrosoftとOpenAI、1000億ドル以上をかけて超人的AI開発のためのスーパーコンピューター「Stargate」を開発する計画

  • Sam Altman TechCrunch SF 2019 Day 2 Oct 3 cropped cropped

    ベンチャーキャピタリスト、OpenAIのSam Altman氏を“誇大妄想的”と非難

  • google logo image

    Googleが非営利団体を対象に2000万ドルの資金を提供し生成AI活用を支援

今読まれている記事