NVIDIA GPUの1,000倍近い3Dレンダリング性能を実現した「MetaVRain」チップが韓国で開発された

masapoco
投稿日
2023年4月2日 14:00
Untitled4980

韓国科学技術院のYoo Hoi-Jun教授が率いる韓国の研究チームは、最近、NVIDIAの既存のソリューションに比べて非常に低い消費電力と飛躍的に向上した処理速度で、2D画像を完全に編集可能な3Dモデルに変換できるAI搭載チップの開発を完了したことを明らかにした。DigiTimesによると、この新しいニューラル・レンダリング・プロセッサは「MetaVRain」と呼ばれ、スマートフォン程度の大きさの携帯端末に簡単に組み込むことができる。このプロセッサは、現実世界の物体や人物をメタバース用の3Dアバターに変換するプロセスを簡素化することを本質的な目的としている。

Blenderなどの専用ソフトを使った手作業による3D編集を、AIによる自動学習で簡略化することで、3Dレンダリング制作のコストを大幅に削減することが可能になるという。また、VRAMの使用量も最大で180分の1にまで削減出来る。キャプチャとレンダリングのプロセスは、数枚の写真を撮影してスマートアプリケーションにアップロードするのと同じくらい簡単だ。2D素材を編集しやすい3Dモデルに変換した後、スマートアプリケーションは、ピカソやゴッホのような特定のアートスタイルから事前に学習させたテクスチャを適用することが出来る。

AIによるレンダリング処理の初期の非効率性を改善するために、研究チームは人間の視覚認知をエミュレートするアルゴリズムを実装した。人間が物体の輪郭を認識してから全体の形状を構成するように、MetaVRainチップはまず低解像度のボクセルで形状を描き出し、次に過去にレンダリングした構造を適用して計算速度を向上させている

イメージキャプチャは非常に高度なCMOSセンサーを介して行われ、レンダリングプロセスは現在のコンシューマー向けGPUと比較して少なくとも911倍高速に行われる。デモ動画では、MetaVRainが32.8fpsでモデルをレンダリングできるのに対し、RTX 2080 GPUは1秒間にフレームの3%未満しかレンダリングできないことが示されている。優れたスピードはさらに、コンシューマー向けGPUと比較して、1つのレンダリングフレームに必要なエネルギーを26,400分の1程度(133mW)に削減する。このようなスペックにより、スマートフォン1台でVR/ARアプリケーションのリアルタイムレンダリングを実現するとのことだ。


Source



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • poor sleep
    次の記事

    睡眠不足が翌日の仕事にどう影響するか? – そしてもしそれが避けられない場合、より良い仕事をするための4つの方法

    2023年4月2日 17:02
  • 前の記事

    東大発のベンチャー Pale Blue、“水”を使った推進システムの軌道上での運用に成功

    2023年4月2日 13:43
    STAR SPHERE main visual
この記事を書いた人
masapoco

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

おすすめ記事

  • openai

    OpenAI、15秒の音声サンプルから感情豊かで自然な音声を合成できる「Voice Engine」を発表

  • a04c35e8e555c1cc7ae1d6a5f3159856

    MicrosoftとOpenAI、1000億ドル以上をかけて超人的AI開発のためのスーパーコンピューター「Stargate」を開発する計画

  • Sam Altman TechCrunch SF 2019 Day 2 Oct 3 cropped cropped

    ベンチャーキャピタリスト、OpenAIのSam Altman氏を“誇大妄想的”と非難

  • google logo image

    Googleが非営利団体を対象に2000万ドルの資金を提供し生成AI活用を支援

  • Pixel 8 in Rose.max 936x936.format webp

    Google、方針を転換しPixel 8にもGemini NanoによるオンデバイスAI機能を搭載へ

今読まれている記事