あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

アメリカ・カリフォルニアに本拠を置くEVメーカーであるLucidは、その第2弾モデルであるSUV「Gravity」の新たな画像を公開した。

gravity bt front view
(Credit: Lucid Motors)

プレミアムEVメーカーの第2の主力車は、同社がAirセダンを公式に発表したビデオの最後に初めて予告して以来、ほとんど秘密にされたままになっていた。

これまで外観に関する情報はほとんど明らかにされず、出てくる情報は開発の進捗状況に関する物ばかりだった。だが今回、ティザーではあるがついに外観の一部が明らかになり、この特異なSUVの一部が明らかになったわけだ。

フロントマスクのランプや水平排気口、リアのテールライトなど、Airのデザインが引き継がれることが写真から明らかとなった。3列シートのキャビンは非常に広く見え、セダンのグラスキャノピールーフは、更に大きなバージョンが提供されるようだ。

gravity bt interior view
(Credit: Lucid Motors)

さらにLucidによると、Gravityは「スーパーカー並みのパフォーマンス」を発揮するという。パワートレインの詳細はまだ明らかにされていないが、複数の電気モーターが搭載され、出力は1,000ps以上になる可能性もありそうだ。次期Air Sapphireに搭載される1,200psを実現する新型トライモーターが搭載されることはないだろうが、それに近い性能を発揮してもおかしくはないだろう。

lucid gravity
(Credit: Lucid Motors)

座席は、2列または3列の構成が用意され、最大7人が乗れるこのSUVは、Airを除く「市場のどのEVよりも」航続距離が長くなるという。Air Sedanが836kmの航続距離を実現しているため、それと同等か、超えてくる可能性もある。ちなみに、Teslaで最も航続距離の長いモデルSは、651kmと、Lucidに比較すると控えめだ。

gravity bt dynamic interor detail
(Credit: Lucid Motors)

CEOのPeter Rawlinson(ピーター・ロウリンソン)氏は、「Gravityは、我々がこれまでに達成したすべてのことを基礎とし、社内技術をさらに進化させ、他にはないラグジュアリーパフォーマンスSUVを創造すします。Lucid Airがセダンのカテゴリーを再定義したように、GravityもラグジュアリーSUVの世界に衝撃を与え、全体的に新しいベンチマークを設定するでしょう。」と述べている。

Lucid Gravityは2023年に予約受付が開始され、2024年中の納車を目指すとのことだ。

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする