あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

Loongsonが中国の国内サーバー向けに 3D5000 CPU をリリース:ARMチップよりも4倍高速と主張

中国のファブレスチップメーカーであるLoongsonは、データセンターやクラウドコンピューティング向けの新しい「3D5000」プロセッサを発表した。MyDriversによると、Loongsonの32コアの国産チップは、ライバルのArmプロセッサよりも4倍高い性能を発揮するのことだ。

Loongson 3D500 HPC CPU For China Domestic Server Market Launch 1

3D5000は、2020年以降もLoongson独自の命令セットアーキテクチャ(ISA)であるLoongArchを利用している。このチップメーカーは、以前はMIPSを堅持していた。しかし、Loongsonは結局、プロセッサの開発を海外の技術に頼らないという一点で、LoongArchを一から作り直した。LoongArchは、MIPSやRISC-Vに似たRISC(縮小命令セットコンピュータ)方式のISAである

3D5000は、2GHzで動作する32個のLA464コアを搭載して登場する。32コアのプロセッサは64MBのL3キャッシュを搭載し、8チャンネルのDDR4-3200 ECCメモリをサポートし、最大5つのHyperTransport(HT)3.0インターフェースを備えている。また、動的な周波数と電圧の調整にも対応している。3D5000のTDPは公式には300Wだが、Loongsonは「通常の消費電力は150W程度」と述べている。これは、1コアあたりおよそ5Wの消費電力だ。

Loongson 3D500 HPC CPU For China Domestic Server Market Launch 3

3D5000は、Loongsonが2つの16コア3C5000プロセッサを接合した、チップレットデザインを採用している。Loongsonは、AMDのZenおよびZen+アーキテクチャに対抗するために3C5000サーバーパーツを開発した。最新の3D5000は、75.4 x 58.5 x 7.1mmの大きさで、カスタムLGA4129ソケットにスライドして装着する。

Loongson 3D500 HPC CPU For China Domestic Server Market Launch 2

このプロセッサは2Pと4Pの構成をサポートしているため、Loongsonはプロセッサと他のコンポーネント間の通信を管理するために7A2000ブリッジチップを発表した。チップ設計者によれば、7A2000は前世代に比べ最大400%高速化されているとのことだ。さらに、7A2000の助けを借りて、マザーボードあたり128コアまで拡張する可能性があるという。

Loongsonの提供する数値によると、3D5000は、新しいSPEC CPU 2017版に置き換えられた減価償却ベンチマークであるSPEC CPU 2006で425点以上のスコアを記録している。また、3D5000は、通常のArmコアの最大4倍となる1TFLOPsを超えるFP64性能を実現している。さらに、8チャンネルのDDR4-3200メモリを搭載した場合のストリーム性能は、50GBの大台を突破した。

性能は3D5000の得意分野ではないが、セキュリティは得意分野だ。32コアのプロセッサは、MeltdownやSpectreといった脆弱性を防御するためのカスタムメイドのメカニズムを持っていると言われている。また、このチップはTPM(Trusted Platform Module)を搭載しているので、外部のソリューションに依存することはない。さらに、MyDriversによると、3D5000はセキュリティモジュールを組み込んだ国家機密のアルゴリズムにも対応しており、5Gbps以上の優れた暗号化・復号化効率を実現しているようだ。

Loongsonは、3D5000と7A2000に加え、同社のベースボードマネジメントコントローラ(BMC)である2K050も発表した。2K050は、500MHzのLA264コア、統合2D GDP、32ビットDDR3対応、解像度1080p(1920×1080)、60Hzで出力するのが特徴です。

Loongson 3D500 HPC CPU For China Domestic Server Market Launch Chip Shot 2 scaled 1
_cuva

Loongsonの3D5000は、AMDのEPYC GenoaやIntelのSapphire Rapids Xeonプロセッサーには敵わない。決して海外の競合に勝つためではなく、自給自足を推し進めるためだ。さらに、米国商務省が最近、Loongsonをブラックリストに登録したことで、同社の計画の一部は頓挫してしまったようだ。


Source

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする