ロジクールのクラウドゲーミング対応携帯ゲーム機はRAM4GBのミドルレンジスマホ並のスペックになる模様

masapoco
投稿日 2022年8月31日 11:20
logicool g gaming2

昨日、Evan Blass氏によって、Xbox Cloud GamingやGeForce Nowといった、クラウドゲーミングサービスに対応する、Logitech(日本名:ロジクール)とTencentが共同で開発している新型携帯ゲーム機の外観画像はリークされたが、同氏は内部的なスペックについては共有しなかった。今回、WinFutureによって、Geekbenchデータベースから、この携帯ゲーム機のスペックと思われる物が発掘され、共有されている。それによると、どうやらスペックはミドルレンジのスマホ並みのようだ。

LogitechとTencentは、今のところ、携帯型Switchの代替となる予定機能については沈黙を守っており、Blass氏もまだ技術的なデータには言及していないが、OSにAndroidを搭載していることから、ARMベースの端末になるのでは予想される。そして、WinFutureは、Geekbenchデータベースのエントリからこの携帯ゲーム機と思われる物のスペックを見付けたようだ。

WinFutureは「Logitech GR006」と書かれたデバイスが発見し、それを米国通信規制当局FCCの関連データベースを検索したところ、「ロジクール G クラウドゲーミングハンドヘルド」のモデル番号に相当することがわかったとのことだ。

改めてGeekbenchのデータベースによると、このデバイスはおそらく比較的安価な製品で、実質的にゲームのストリーミングにのみ使用されることが予想される。

Geekbench は、実際には、コードネーム「Atoll」と呼ばれるマザーボードが使用されていることを言及、インターネットからの他のソースによると、プラットフォームとして クロック周波数が最大 2.3GHzで、8つの高速コアを持つ Qualcomm Snapdragon 720G を使用しているようだ。このチップは少し古い物ではあるが、用途が“ゲームのストリーミングプレイ”と言う用途に限られるため、実質的には十分な性能になるだろう。

この新たなロジクールのゲーム機については価格や発売日などの詳細はまだ明らかになっていないが、IFA2022で発表される可能性もありそうだ。



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • H7k83RWqhDy5LVFt3w2xpb 970 80.jpg
    次の記事

    4,000年前の謎の文字体系が解読された可能性

    2022年8月31日 19:06
  • 前の記事

    NASA、日本時間9月4日午前3時にアルテミス1の打ち上げに再挑戦

    2022年9月4日 5:04
    52319486076 64b581631a k

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


今読まれている記事