あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

Lockheed Martinは、次世代のミサイル迎撃システム( Next Generation Interceptor: NGI)がすべてのサブシステムの予備設計審査に合格したと発表した。

加速試験と評価によって達成されたこのマイルストーンは、この防空システムが成熟した設計であり、運用者の安全リスクを低減することを証明するものである。

同社によると、高度なデジタルエンジニアリングとモデルベースエンジニアリングツールを使用した近代的で透明性の高いアプローチが設計レビューの実施に活用された。

「Lockheed MartinはNGIソリューションで急速な進歩を遂げており、飛行試験に向けて加速したスケジュールを維持しています。当社のNGIチームは、成熟した技術を活用し、ミッションの信頼性を高める画期的なNGIアーキテクチャの実証を計画通りに進めていきます」とLockheed MartinのNGI担当副社長Sarat Reeves氏は語った。

Lockheed Martinは現在、NGI開発の次の段階であるオールアップ・ラウンド・レビューとクリティカル・デザイン・レビューに向けた準備を進めている。

NGIについて

Lockheed MartinのNGIは、ICBM(大陸間弾道ミサイル)の脅威から軍事・民生資産を守るために設計された、「絶対に失敗しない」最新兵器システムである。

先進的なヒット・ツー・キル技術により、迎撃ミサイルは敵ミサイルと体当たりで衝突することができる。

目標に正確に命中させるだけでなく、この兵器システムはミサイル発射を識別し、目標をピンポイントで狙い、ルートを計算し、迎撃ミサイルを空中で誘導することができる。

完全に運用可能な最初のNGIは、2027年までにアメリカのミサイル防衛局に納入される予定である。

加速するスケジュール

Lockheed MartinのNGI計画の競合相手である、同じアメリカの巨大企業Northrop Grummanも、2027年に最初のプロトタイプを納入するため、スケジュールを前倒しすると発表した。

同社によれば、システム要件審査は予定より3カ月早く終了し、現在は予備設計審査を行っている最中だという。

Northrop GrummanのLisa Brown副社長は、Breaking Defenceに、「これにより、重要なデザイン・レビューを2025年の早い時期から2024年の終わりに移す道筋ができた」と述べた。


Sources

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

コメントする