次期iPhone SEはA15搭載 有名アナリストが発表直前に詳細情報を投稿

masapoco
投稿日 2022年3月5日 6:04
iphone-se-image

Apple関連の情報に詳しく、特に精度の高いリーク情報をもたらすことで知られる、「Ming-Chi Kuo」氏が自信のTwitterに、次期iPhone SEの詳細情報を投稿している。

Source

郭明錤 (Ming-Chi Kuo) : Twitterへの投稿

A15チップを搭載し、ストレージは256GBモデルが登場

3月8日(現地時間)に開催されるAppleのスペシャルイベントで正式発表されると目されているのが、次期iPhone SE(第3世代)だ。

Ming-Chi Kuo氏によるTwitterへの投稿

ツイートを見ると、iPhone SE 3について、今月から量産が始まること、Appleが2022年の全期間に2500万台から3000万台を出荷することが述べられている。

また、iPhone SE 3は64GB、128GB、256GBの3種類のストレージ構成で販売されるという。これは、64GBと128GBの選択肢しかない第2世代のiPhone SEと比較して、アップグレードされることになる。

カラー展開に関しては、新色の発表はなされない様子。新しいデバイスはiPhone SE 2と同じ白、黒、赤のデザインになると報告している。彼はまた、このデバイスが現在のiPhone SEと「似たようなフォームファクターのデザイン」を特徴とすることを改めて強調している。

そして、iPhone SE 3はA15チップを搭載し、5G接続もミリ波とSub6の両方に対応すると述べている。

ミリ波はiPhone12でも13でも対応はしているが、日本のモデルでは、日本のキャリアが5Gミリ波を提供していないこともあり、非対応となっている。iPhone SE3も恐らくミリ波に関しては日本モデルでは非対応になるのではないだろうか。



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • ソニーのEV「Vision S」
    次の記事

    ソニーとホンダがEV開発で提携 2025年の販売を目指す

    2022年10月14日 5:10
  • 前の記事

    Dimensity 8100, Snapdragon 888, Snapdragon 870のベンチマーク比較 MediaTekが性能で優位に立つ

    2022年3月6日 18:59
    8100

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


今読まれている記事