陽子が “自分自身よりも重たい素粒子” を含んでいる可能性が判明

masapoco
投稿日
2022年8月24日 8:35
AdobeStock 338361986

すべての原子の中心にある粒子である陽子は、どうやらこれまでに考えられていたよりも複雑な構造を持っているようだ。この発見は、大型ハドロン衝突型加速器(LHC)による素粒子物理学の実験に影響を与える可能性がある。

陽子とは、原子核を構成する素粒子の一つである。その陽子は、クォークと呼ばれるさらに小さな素粒子で構成されており、クォークには、アップダウンストレンジチャームトップボトムといったさまざまな「フレーバー」(タイプ)がある。一般的に陽子は、アップクォーク2個とダウンクォーク1個で構成されていると考えられている。

しかし、新しい研究によると、陽子が実はもっと複雑であることがわかった。陽子にはチャームクォークという、陽子自体の質量の1.5倍もある素粒子が含まれていることがあるのだ。自分よりも重たい物を内部に持っていると言うのも奇妙な話だが、さらに奇妙なことに、チャームクォークを含んでいる陽子は、その他の陽子の質量の約半分しか持っていないということだ。

この発見は、量子物理学の確率的な世界に帰結する。チャームクォークは重たいが、陽子の中に出現する確率はかなり低いので、質量が大きいことと確率が低いことは基本的に相殺されるのだ。「陽子は個々の粒子の明確な集合体ではないので、陽子の質量はその部分の単純な和ではありません。チャームクォークが存在しても、その質量は陽子には取り込まれないのだ。」とScience Newsは伝えている。

クォークには6種類あり、うち3つは陽子より重く、3つは陽子より軽い。チャームクォークは重いクォークの中で最も軽いので、研究者たちは、陽子が自分よりも重いクォークを含むことができるかどうかを調べるために、このクォークから始めたいと考えた。研究者たちは、35年にわたる素粒子衝突のデータを新しいアプローチで解析したのだ。

素粒子の構造を知るために、研究者はジュネーブ近郊にある世界最大の原子破壊装置、大型ハドロン衝突型加速器のような粒子加速器で粒子を猛スピードで互いに衝突させている。非営利団体NNPDFの科学者たちは、光子、電子、ミューオンニュートリノ、さらには他の陽子を陽子に衝突させる実験例など、1980年代まで遡ってこの粒子衝突のデータを収集した。これらの衝突の残骸を見ることで、研究者は粒子の元の状態を再構築することができるのだ。

今回の研究では、この衝突データをすべて機械学習アルゴリズムに渡し、構造がどのように見えるかについて先入観を持たずにパターンを探すように設計した。その結果、このアルゴリズムは、可能性のある構造と、それが実際に存在する可能性を返した。

この研究では、陽子内にチャームクォークが見つかる可能性が「小さいが無視できない」ことがわかった。証拠のレベルとしては、研究者が陽子におけるチャームクォークの否定できない発見を宣言するほど高くはなかったが、この結果は、それが存在しうるという「最初の確かな証拠」とのことだ。

新しい素粒子を発見するためには、物理学者は理論が示唆するものと実際に観測されるものとの極小の違いを明らかにしなければならない。そのためには、素粒子の構造を極めて正確に測定する必要がある。

今のところ、物理学者は陽子の中にあるチャームクォークについて、新たなデータを必要としている。将来的な実験、例えばアメリカ、ブルックヘブン国立研究所で計画されている電子・イオン衝突型加速器のような将来の実験が役立つかもしれない、とフェルミ研究所の理論物理学者である Tim Hobbs氏はScience Newsに語っている。



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • Apple WWDC22 iOS16 3up hero 220606
    次の記事

    iOS 16.0等の第7弾ベータ版が開発者向けにリリース

    2022年8月24日 8:39
  • 前の記事

    PS5用の新コントローラー「DualSense Edge(デュアルセンス・エッジ)」が発表

    2022年8月24日 6:34
    06d8a7c076df3b090cf777525e61e9a65174f410 scaled 1
この記事を書いた人
masapoco

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

おすすめ記事

  • gravity well

    卓上レベルの重力実験:なぜ小さな小さな測定が物理学の大きな飛躍につながるのか?

  • b1ce0ca039c61d48ccdbab429a87b0bf

    同じ電荷を持つ粒子が物理学の基本法則を無視して引き合う様子が確認される

  • 88a206c05ba9c73008aa090d25c0a562

    物理学者のように考え、理論を構築するAIの開発に成功

  • FCC min

    CERN、LHCの3倍となる超巨大粒子加速器を2040年に稼働させる計画を明らかに

  • これまでの1000万倍の長寿命を誇る時間結晶を作り出すことに成功

今読まれている記事