iPhone 15 Pro Maxのディスプレイに焼き付きの不具合が発生

masapoco
投稿日 2023年10月17日 13:36
apple iphone 15 pro max burn in

AppleがiPhone 15 Proのオーバーヒート問題に対処するアップデートをリリースした直後、この高価なスマートフォンにさらに深刻な問題が現れた:有機ELディスプレイの焼き付きである。iPhone 15 Pro Maxのディスプレイには、ホーム画面のアイコンやキーボードの輪郭がゴーストのように表示され、画像が焼き付いて消えなくなる報告が相次いでいる

有機ELの焼き付きは、動いていない画像が画面の一部に長時間表示された場合に発生するもので、有機ELディスプレイでは何年も前から懸念されていた。各メーカーは最近、この問題を軽減する方法を導入し、そうした問題は少なくなっているはずだったが、iPhone 15 Pro Maxが発売されてからわずか数週間後に焼き付きが報告されたのは驚きだ。

Appleの最新フラッグシップの所有者たちは、RedditやX/Twitter、Appleのコミュニティフォーラムなどで焼き付きの事例を強調している。

MacRumorsのフォーラムユーザーは、iPhone 15 Pro Maxを14日間使用しただけで焼き付きを発見したと書いている。この投稿者によると、オプションの常時表示ディスプレイモードを有効にしていたが、2分間アイドル状態になると画面がオフになるようにタイマーが設定されていたという。

このユーザーは、AppleストアにiPhoneを持ち込み、ジーニアスバーに予約を入れてもらった。エンジニアは、このiPhoneに「ゴースト」が発生していることを告げた。通常の解決策は画面を交換することだが、iPhone 15 Pro Maxが発売されたばかりだったため、部品がなかった。その代わりに交換品を注文することになったが、あまりに新しいために入手できるものがなかった。そのため、顧客は別のデバイスが届くのを待たなければならなかった。

同様に焼きつきに悩まされているというRedditorは、”普通に”使ったと述べている。不思議なことに、画面にはその人が見たYouTube動画のサムネイルのゴースト画像も表示されている。

Posts from the iphone
community on Reddit

他にも何人かの人がiPhone 15 Pro Maxで焼き付き問題を確認しており(影響を受けたのはこのモデルだけのようだ)、Appleは在庫があり次第、iPhoneを交換することに同意しているという。現在、この問題がどの程度広がっているのかは不明だ。

Appleの最新機種がオーバーヒートしているという報告は、発売からわずか1週間後に届き、アナリストのMing-Chi Kuo氏は熱設計のせいだと非難した。今月初め、AppleはiOSバージョン17.0.3をリリースし、オーバーヒート問題に対処するパッチを同梱した。しかし、Appleは現在、最新のフラッグシップモデルで心配すべき別の問題を抱えているようだ。



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • laser light
    次の記事

    原子1個レベルから物体を創造できる可能性に繋がる画期的な発見

    2023年10月17日 17:58
  • 前の記事

    Samsung、新たに3nmチップサーバーチップの契約を締結

    2023年10月17日 12:02
    3nm Chip Production main1 845x563 1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


今読まれている記事