あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

IonQ、米国初の量子コンピューティング製造施設を開設、ワシントン州議会議員団が支援

量子コンピュータ開発スタートアップのIonQは、ワシントン州ボセルに65,000平方フィート(約6,000平方メートル)の研究・製造施設を開設し、量子コンピュータを製造すると発表した。この施設は、今後10年間にパシフィック・ノースウエストに10億ドルを投資するというIonQ社の広範な計画の一部であるという。

IonQによると、ボセルの施設は、米国で初めて知られる量子コンピュータ専用の製造施設になるという。Amazonの元幹部で、IonQのCEO兼社長を務めるPeter Chapman氏は、今日のニュースリリースで、シアトル地域が “当社の新しい施設にとって最良の選択肢”であると述べた。

「量子コンピューティングのような先端技術は、気候変動、エネルギー、輸送など、世界の喫緊の課題を解決するための鍵となります。シアトル地域は、数十年にわたり技術革新と製造の中心地であり、量子コンピュータの設計、構築、製造に必要な熟練した労働力を有しています。」と、Chapman氏は述べている。

ボセルのMonte Villa Parkwayにある建物は、かつてAT&T Wirelessのオフィスがあった場所で、同社にとって2番目の量子データセンターとなり、北米における主要な生産技術拠点となる。IonQは、今後数年間でパシフィック・ノースウエスト地域に数千人の雇用をもたらす計画であると述べている。

人工知能と同様、量子テクノロジーはコンピュータ業界にとって魅力的なフロンティアだ。

古典コンピューティングの中核をなす1か0の処理方法とは対照的に、量子コンピューティングは量子物理学の奇妙さを利用しており、量子ビット(qubit)は結果を読み出すまで複数の値を表現することができる。量子処理は、システムの最適化(例えば、シアトルの交通渋滞の解消)や大規模なデータセットの選別(例えば、複雑な分子の構造の解明)などの問題解決によく適している。

IonQはメリーランド大学からのスピンアウトとして2015年に設立され、例えばIBMやGoogleが好む超伝導回路アプローチとは対照的に、トラップドイオンアプローチを量子コンピューティングに用いている。IonQは、自社の量子システムに直接APIアクセスできるほか、Amazon Braket、Microsoft Azure、Google Cloudを通じて提供されるクラウドベースの量子コンピューティングサービスをサポートしている。

昨年、IonQは、最大25個のアルゴリズムが相互接続された量子ビットを実行できるAriaコンピューティングシステムを発表した。このシステムは、最大25個のアルゴリズムクビットを相互接続することができる。次世代システムForteは、この性能レベルを最大32個のクビットまで引き上げることを目標としています。さらに今月、IonQ はトロントに拠点を置き、量子コンピューティングのネットワーク化に取り組んできた Entangled Networks 社の事業資産を買収している。

IonQ社のボセル工場の建設は、同社の製品エンジニアリング担当副社長であるDave Mehuys氏が監督する予定だ。Mehuysは、PsiQuantum社やInfinera社などで、ハードウェアエンジニアリング、カスタマーサービス、製造オペレーションを20年以上にわたって管理してきた経験を有している。

Chapman氏は、「IonQ が量子コンピュータの事業規模を拡大し、さらなる商業化を進めていく上で、彼が非常に大きな価値を発揮してくれることは間違いありません。また、学際的なチームをリードし、指導する能力を持つ彼は、この新しいポジションに非常に適しています。」と述べている。

ワシントン州の有力議員2名が、IonQの事業拡大計画を歓迎した。ワシントン州選出のPatty Murray上院議員は、ボセルに工場を置くことは「非常に大きなことであり、ワシントン州にとって素晴らしいニュースです。」と述べた。

「この工場の開設は、ワシントン州が技術革新と最先端技術のリーダーであり続けることを確実にするものであり、同時に、我々の家族とその未来への投資となる雇用を意味します」と、Murray氏。

工場が位置する選挙区を代表する民主党のSuzan DelBene下院議員は、本日の発表について「ワシントンが最先端のグローバルテクノロジーとイノベーションのハブであることがさらに強調されます。量子コンピュータは、21世紀の技術の多くの側面で極めて重要な役割を果たすことになるでしょう。この地域独自の技術インフラと熟練した労働力が、このような機会を可能にしているのです。」と、述べている。

AmazonでのChapman氏の経験だけが、IonQの太平洋岸北西部とのつながりではない。同社はすでにシアトルで事業を展開しており、Northwest Quantum Nexusのパートナーでもある。昨年は、パシフィック・ノースウエスト国立研究所と共同で、量子コンピューティングに必要なバリウムイオンを安定的に生産する方法を考案している。


Source

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする