あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

Intelは、同社の第5世代Xeon「Emerald Rapids」プロセッサを12月14日に発表する予定だが、一足先に、欧州南天天文台で開催された「Data Centric Processor Roadmap」と題されたIntelのプレゼンテーションにより、Emerald Rapidsがサーバー市場にもたらす変化の一部が明らかにされたことがリークされている。

Intel Emerald Rapids 5th Gen Xeon CPU Family 6 1456x819 1

Emerald Rapidsは、Sapphire Rapidsと同じIntel 7ノードをベースにしており、性能あたりの消費電力が向上し、より多くのコアとL3キャッシュを搭載している。Xeon Platinum 8592+(Emerald Rapids)とXeon Platinum 8480+(Sapphire Rapids)を比較すると、前者はサーバーサイドJavaのWebパフォーマンスが最大1.2倍、HPC(LAMMPS- Copper)パフォーマンスが最大1.3倍、メディア(トランスコードFFMPEG)パフォーマンスが最大1.2倍向上しているとIntelは主張している。Emerald Rapidsは、Sapphire Rapidsが使用するGolden Coveコアよりも高速なRaptor Coveコアを搭載していることからも、これらのパフォーマンス数値は信頼性の高いものだ。さらに、今後登場するXeon Platinum 8592+は、既存のXeon Platinum 8480+よりも8コア多い。

Intel Emerald Rapids 5th Gen Xeon CPU Family 8

最近のAIブームを受けて、IntelはEmerald RapidsにおけるAIパフォーマンスの大幅な向上も強調している。同社の内蔵AIアクセラレータとIntel Advanced Matrix Extensions(Intel AMX)のおかげで、ワークロードに応じて1.3倍から2.4倍のパフォーマンス向上が見込まれる。

Intel Emerald Rapids 5th Gen Xeon CPU Family 9 1456x819 1

Emerald Rapidsは、より高いネイティブDDR5サポートと強化されたUltra Path Interconnect(UPI)も備えている。Intelは詳細を明らかにしていないが、Emerald RapidsはDDR5-5600をサポートし、Sapphire RapidsのDDR5-4800からアップグレードされると予想される。一方、UPI速度はサファイアラピッドの16GT/sからEmerald Rapidsで20GT/sに向上している可能性が高い。インテルは、Emerald Rapidsが拡張用に80レーンのPCIe 5.0を引き続き提供することを確認しており、スライドデッキによると、Compute Express Link(CXL)の分岐も追加されたようだ。

さらに興味深いのは、IntelがEmerald Rapidsのダイショットを提供したことである。フロアプランは、Sapphire Rapidsの4ダイ設計ではなく、2ダイ設計を示している。それにもかかわらず、Emerald Rapidsの全体的な面積はSapphire Rapidsよりも小さいと噂されている。これは、Intelがレイアウトを再構築してスペースを最適化した結果かもしれない。ダウンサイジングはレイテンシーの改善に役立つ。2つの大きなダイはモジュラーダイファブリックを介して接続されている。

Intel Emerald Rapids 5th Gen Xeon CPU Family 7

Intelは、各Emerald Rapidsダイのコア数を確認していないが、現在の推測では、各ダイに33コアが搭載され、1コアが無効化されているとされている。したがって、最高のEmerald RapidsチップであるXeon Platinum 8592+は、66コアではなく64コアで最大化される。L3キャッシュの増加は、Emerald Rapidsの最も魅力的な販売ポイントである。Intelは、Sapphire Rapidsのコアあたり1.875MBのL3キャッシュから、Emerald Rapidsではコアあたり5MBに増加させた。これは2.6倍のアップグレードに相当する。その結果、トップの64コアチップは驚異的な320MBのL3キャッシュを持つことになる。

Intel Emerald Rapids 5th Gen Xeon CPU Family 2 1456x819 1

Emerald Rapidsの設計図には、ダイあたり2つのメモリコントローラーが示されており、合計で4つとなる。各コントローラーは2つのメモリチャネルを管理することになるため、Emerald RapidsはSapphire Rapidsと同じ8チャネルメモリサポートを維持する。一方、図にはダイあたり3つのPCIeコントローラー、2つのUPI、2つのアクセラレータエンジンも示されている。

Intel 第5世代XeonEmerald Rapids仕様

プロセッサコアスレッドベースクロック(GHz)L3キャッシュ(MB)
Xeon Platinum 8593Q641282.20320
Xeon Platinum 8592641281.90320
Xeon Platinum 8592V641282.00320
Xeon Platinum 8581V601202.00300
Xeon Platinum 8580601202.00300
Xeon Platinum 8571N601202.40300
Xeon Platinum 8570601202.10300
Xeon Platinum 8568Y601202.30300
Xeon Platinum 8562Y12242.8060
Xeon Platinum 8558521042.10260
Xeon Platinum 8558P521042.70260
Xeon Platinum 8558U521042.00260
Xeon Gold 6558Q12243.2060
Xeon Gold 6554S36722.20180
Xeon Gold 6548Y12242.5060
Xeon Gold 6548N12242.8060
Xeon Gold 6544Y??3.6045
Xeon Gold 6542Y12242.9060
Xeon Gold 6538Y12242.2060
Xeon Gold 6538N12242.1060
Xeon Gold 6534??3.9022.5
Xeon Gold 653032642.10160
Xeon Gold 6526Y??2.8037.5
Xeon Gold 5520??2.2052.5
Xeon Gold 5515??3.2022.5
Xeon Gold 5512U??2.1052.5
Xeon Silver 4516Y??2.2045
Xeon Silver 4514Y6122.0030

Intelは、Emerald Rapidsであらゆる価格帯で競争するために、充実したラインナップを用意している。Xeon Platinumモデルは12コアから64コアまでの範囲で、Xeon Goldは12コアから36コアまでの範囲である。最後に、エントリーレベルのXeon Silver SKUは、6コアから始まる低コア数を持っている。

Intel Emerald Rapids 5th Gen Xeon CPU Family 1 1456x819 1

Emerald Rapidsは、Intelの現行のEagle StreamプラットフォームとLGA4677ソケットとのドロップイン互換性を備えており、所有コスト(TCO)を改善し、アップグレードのためのサーバーダウンタイムを最小限に抑える。さらに、新しい10nmチップにより、Intelの顧客はサーバープロダクトをリフレッシュし、特に年内に登場する予定のAMDの第5世代EPYC Turinと競合し続けることができる。


Sources

Follow Me !

この記事が気に入ったら是非フォローを!

Share on:

関連コンテンツ

コメントする