あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

Googleの親会社Alphabetは、2023年度第1四半期に3%の増収を達成

Googleの親会社であるAlphabetは、2023年度第1四半期の業績を発表した。同四半期の売上高は697億9,000万ドルで、前年同期比では3%増にとどまった。CNBCによると、売上高はアナリストが予想した689億ドルを上回った。

営業利益は174億1,500万ドルで、前年同期の200億9,400万ドルの数字と比較して減少した。2023年第1四半期の純利益は150億5,100万ドルで、こちらも1年前の164億3,600万ドルから減少している。

Alphabetの数字には、最近のレイオフやオフィススペースの縮小に関連した一時的な費用26億ドルが含まれている。また、サーバーハードウェアの耐用年数を延長したことによる減価償却費の減少9億8,800万ドルも含まれている。

全体として、Google検索部門の当四半期の売上高は403億5900万ドルで、2022年同期の396億1800万ドルから増加した。同社のクラウドサーバー事業の当四半期の売上高は74億5400万ドルで、これも前年同期の58億2100万ドルに比べて増加した。同部門の営業利益は1億9,100万ドルで、クラウド事業が同四半期に利益を出したのはこれが初めてだ。

このニュースを受けて、Alphabetの株価は時間外取引で3.25%上昇している。


Source

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

コメントする