あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

先週のハードウェア、アシスタント、エンジニアリング、広告のレイオフに続き、YouTubeはクリエイターのマネジメントとオペレーションを再編成する一環として、約100人の雇用を削減する予定だ。

Tubefilterが最初に報じたように、このレイオフは、YouTubeの最高事業責任者Mary Ellen Coe氏による本日の部門メモで明らかにされた。この人員削減の影響を受けたメンバーには、同部門の空きポジションに再応募するチャンスが与えられる。

Coe氏はメモの中で、今回の変更はYouTubeで増え続けるコンテンツクリエイターに対応するために部門を合理化するために必要であり、同時にAIベースのコンテンツツールを含む他の機能の拡張にも取り組んでいると述べている。

記事によると、YouTubeのコンテンツクリエイター管理チームはすべて、各国の1人のリーダーの下に統合される。また、同部門の音楽チームもすべて1人のリーダーの下に統合される。YouTubeのスポーツ、メディア、映画、テレビチームもすべて1つの組織に統合される。これにはYouTubeTVとNFL Sunday Ticket部門も含まれる。

YouTubeでのこの小規模なレイオフは、ここ数週間で起こったGoogleの最新の人員削減に過ぎない。レイオフの並は、デバイス&サービス部門(主にAR部門)で解雇された数百人のチームメンバーから始まった。

Googleはまた、アシスタント部門でも数百人の人員削減を行い、コア・エンジニアリング部門でも数百人の人員削減を行った。今秋には、Googleの広告営業チームの数百人に解雇通告が出された。Googleによる人員削減は、YouTubeで最後となるのか、あるいは他のGoogle部門が独自のレイオフを準備しているのだろうか。


Sources

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする