Google、検索品質悪化が叫ばれる中、数千人の検索品質評価者との契約を打ち切り

masapoco
投稿日
2024年1月24日 11:10
google logo image

Googleが、検索アルゴリズムのトレーニング・品質評価を担当するオーストラリアのAppen社との契約を打ち切る事が明らかになった。決定は、Googleの「戦略的検討プロセス」に基づく物であり、Googleの事前の通知なく3月19日に契約終了が行われる事が通知されたという。これはAppenの投資家向け声明で明らかになった。Appenによると、Googleとの契約は8,280万ドルをもたらし、収益の26%を占めていたという。

Appenは、Googleのサードパーティ検索品質評価者と多くの契約を行っていた。Google の品質評価者は、Google 検索結果の品質を評価する。品質評価者は検索結果に直接影響を与えることはなく、Google 検索で特定のサイトを格下げしたり格上げしたりすることはできないが、Google検索を利用する際に、どのようなコンテンツが人々の役に立つかについての重要な考察を共有するためのデータを提供するものだ。

Googleは以前16,000人の検索品質評価者がいると明らかにしているが、今回Appenの発表から、そのうちの少なくない数の評価者がGoogleの契約から外れることになる。Googleの親会社であるAlphabetに雇用されている1,500人の労働者による労働組合Alphabet Workers Unionの声明によると、この決定は、最終的に2,000人以上のAlphabetの下請け労働者に影響を与えるとのことだ。

この報道に対しGoogleの広報担当者はSearch Engine Landに向けた声明で、Appenの契約打ち切りは「Alphabet全体のサプライヤーとのパートナーシップの多くを評価・調整し、ベンダー業務を可能な限り効率化するための継続的な取り組みの一環」であり、他の格付け会社との協力は継続すると述べている。

Googleは、1年以上前からベンダーとこのような再編に取り組んできたとしており、Appenとの契約を解除しても、同社の製品やサービスに影響はないと述べている。また、品質評価や製品の使用感に関する外部からのフィードバックを提供するために、他のいくつかのサプライヤーと協力していることを確認した。

ただし、Alphabet Workers Unionは以下のようにも述べている:「これらの労働者は、Googleの主力製品である検索結果とBard AIの安全性と機能性を維持するために重要なサポートを提供している」。

とはいえ、先日ドイツの研究者が発表した調査結果によると、AIが生成したコンテンツが急増するにつれてGoogleの検索結果が悪化しているという事実は、Googleにとってあまり良い傾向とは言えないだろう。


Sources



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • james yarema rZLIRuBW6Ac unsplash
    次の記事

    なぜApple、Amazon、Google、Metaは独占禁止法違反の訴訟と巨額の罰金に直面しているのか?

    2024年1月24日 11:31
  • 前の記事

    Samsung、世界初のハイブリッドPCIe対応SSD「990 EVO」を発売

    2024年1月24日 9:01
    samsung 990 evo0
この記事を書いた人
masapoco

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


おすすめ記事

  • openai

    OpenAI、15秒の音声サンプルから感情豊かで自然な音声を合成できる「Voice Engine」を発表

  • a04c35e8e555c1cc7ae1d6a5f3159856

    MicrosoftとOpenAI、1000億ドル以上をかけて超人的AI開発のためのスーパーコンピューター「Stargate」を開発する計画

  • Sam Altman TechCrunch SF 2019 Day 2 Oct 3 cropped cropped

    ベンチャーキャピタリスト、OpenAIのSam Altman氏を“誇大妄想的”と非難

  • google logo image

    Googleが非営利団体を対象に2000万ドルの資金を提供し生成AI活用を支援

  • Pixel 8 in Rose.max 936x936.format webp

    Google、方針を転換しPixel 8にもGemini NanoによるオンデバイスAI機能を搭載へ

今読まれている記事