Google、ドメイン管理事業をSquarespaceに売却

masapoco
投稿日
2023年6月17日 5:59
google search display

Googleは、昨年から続く事業の選択と集中により様々なプロジェクトを終了させているが、新たに同社が提供するドメインレジストラ事業から撤退し、その事業「Google Domains」をWebサイト開発・ホスティングブランドSquarespaceに売却すると発表した。

Squarespaceは、Googleから約1000万個のドメインを取得する。この取引は2023年の第3四半期に完了する目標で実施されるとのことだ。

買収契約に基づき、Squarespaceは買収完了後少なくとも12ヶ月間は既存の顧客価格を尊重するとしている。同社は、Googleのインフラを利用して、”ドメインのシームレスな移転”を実現するとしており、顧客への影響はないとしている。

すべての設定が完了すると、Squarespaceは、Google Workspaceのドメインと一緒にドメインを購入しようとする人のための独占的なパートナーとなる。既存の顧客に対しては、Squarespaceは、すでにGoogle Domainsを通じてドメインを購入しているGoogle Workspaceの顧客に対して請求とサポートを提供するとしている。しかし、時間が経ち、契約更新が始まると、これらの顧客はSquarespaceの請求システムに移行する形になることが予想される。

GoogleとSquarespaceの取引は、規制上のハードルが高く、閉鎖条件を満たせることを条件に、2023年の第3四半期に完了する予定だ。顧客が何らかのアクションを起こす必要があるかどうかは未定だが、実際の譲渡が完全に実現するのは “2024年以降”となる。Bloombergによると、この取引は1億8000万ドルの価値があるという。


Source



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • voicebox meta
    次の記事

    Meta、外国語を自分の声で話せる生成AI「Voicebox」を発表

    2023年6月17日 6:41
  • 前の記事

    Meta、人間と同じように学習する初のAIモデル「I-JEPA」を発表

    2023年6月16日 18:11
    yan lecunn
この記事を書いた人
masapoco

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

おすすめ記事

  • google logo image

    Googleが非営利団体を対象に2000万ドルの資金を提供し生成AI活用を支援

  • Pixel 8 in Rose.max 936x936.format webp

    Google、方針を転換しPixel 8にもGemini NanoによるオンデバイスAI機能を搭載へ

  • newroom quantum hardware.rendition.intel .web .1920.1080

    量子コンピュータが実用化されるのはいつになるだろうか

  • FireShot Capture 061 Search Labs labs.google.com

    GoogleのAI統合検索がマルウェアサイトにユーザーを導いている

  • UXL logo

    NVIDIAのAI市場支配からの脱却を目指しGoogle、Intel、Qualcommらが協力

今読まれている記事