あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

Googleは、macOSとAndroid上のChromeのパフォーマンスを向上させるために、様々な変更を行い、実際に大きな成果を上げていることを報告している。実際の数値として、過去3ヶ月間のSpeedometer 2.1ベンチマーク結果で10%の改善を記録したとのことだ。

Chrome Fast Curious Speedometer Improvements Graphic 3 1

この変更には、HTMLの解析の改善、ポインタの圧縮の改善、キャッシュの改善、メモリ管理の改善など、さまざまな調整が含まれている。Googleは、内部で行った変更の一部は、AppleのWebKitエンジンにも波及する可能性があると述べている。

具体的には、以下のように述べている:

使用頻度の高い JS の Object.prototype.toStringArray.prototype.join 関数について、いくつかの的を絞った最適化が発見されました。また、CSSのInterpolableColorのターゲットとなる改善も実施しました。
innerHTMLは、JavaScriptでDOMを更新する際に非常によく使われる方法なので、解析のための特別な高速パスを追加しました。嬉しいことに、この作業の一部はWebKitにも役立つようで、WebKitのエンジンにも搭載される予定です。私たちの目標は、すべてのウェブユーザーにとってより良いウェブ体験を提供することなので、この作業がより大きな影響を与えることをうれしく思っています!

ポインタの圧縮は、V8とOilpan(DOMオブジェクトのガベージコレクタ)の両方でメモリを節約するために使用されています。私たちは、ポインタの圧縮と解凍の方法について最適化を行い、トラフィックの多いフィールドの圧縮を避けています。これらの操作が頻繁に行われることを考えると、パフォーマンスに広範囲に影響を与えることになります。また、JavaScriptのundefinedのような頻繁にアクセスされるオブジェクトをメモリベースの先頭に移動し、より高速なマシンコードでアクセスできるようにしました。

Android版Chromeの場合、Googleはハイエンド端末をターゲットに、”バイナリサイズよりも速度を重視したコンパイラフラグを使用したChromeのバージョン”を開発したと述べている。これらのChromeバージョンは、高性能なデバイスで実行した場合、Speedometer 2.1ベンチマークで最大30%の性能向上を実現している。

2008年にリリースされたGoogle Chromeは、世界で最も多くのシェアを誇るブラウザだ。2023年3月のStatCounterのデータによると、Chromeは64.8%のマーケットシェアでレースをリードし、Safariが19.5%でそれに続いている。


Source

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする