Google、BardのトレーニングにChatGPTを利用したと報じられる

masapoco
投稿日 2023年3月31日 9:48
google logo blur

GoogleがOpenAIのChatGPTからのデータを無許可で使用してAIチャットボットBardをトレーニングしていると報じられている。The Informationによると、GoogleのAI研究者であるJacob Devlin氏は、同社がShareGPTというWebサイトからChatGPTデータを収集したことを理由に辞職したとのことだ。

「Devlin氏は、Brain社員の支援を受けたBardチームがOpenAIのChatGPTからデータを使用して機械学習モデルをトレーニングしているという懸念をPichai氏、Deene氏、および他の上級マネージャーと共有した後に辞任した」と報じられている。Devlin氏はその後、OpenAIに加わり、ChatGPTの開発に従事している。

OpenAIとGoogleはジェネレーティブAIの分野で直接競合している。MicrosoftがOpenAIに多額の投資を行い、迅速にGPTを製品に統合したことから、Googleは自社のAIチャットボットBardを市場に投入するために苦慮している。GoogleがChatGPTデータを使用したという非難は、AI研究に多くの時間を費やしてきた同社の評判に損害を与える可能性がある。

The Informationは、匿名の情報源を通じて、GoogleのBrain AIチームがAlphabetの別のAI企業であるDeepMindと協力している事も報じている。これらの2つのグループは、コードネーム「Gemini」と呼ばれる、新しいプロジェクトで一緒に作業していると報告されている。このプロジェクトの目標は、OpenAIの取り組みに対抗する製品を開発することだ。この報道は、GoogleがBardの取り組みが失敗した場合に備え、他のチャットボットを用意しているのか、はたまた、Bardの強化を意図した物であると考えられる。

今回の報道に関し、Googleは、BardがChatGPTデータに基づいていないと断言している。「Bardは、ShareGPTまたはChatGPTからのデータをトレーニングしていない」とGoogleの広報担当者であるChris Pappas氏はThe Vergeに語っている。


Source



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • new chip design to pro
    次の記事

    新型チップの設計により、これまでで最も高精度なメモリーを実現

    2023年3月31日 11:13
  • 前の記事

    E3 2023の中止が正式に決定

    2023年3月31日 8:49
    E3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


今読まれている記事