あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

Alphabet(Google)、Microsoft、Amazon、Metaなどの米ハイテク大手は、コストや雇用を削減しながら人工知能(AI)の力を活用しようという姿勢の表れとして、大規模言語モデル(LLM)投資を増やしている。

2022年末にOpenAIのチャットボット「ChatGPT」が発売されて以来、これらの企業はAIモデルを活用して自社の能力をブーストすることで、市場での競争力を高めているとCNBCは金曜日に報じた。

これらのハイテク企業が最近発表した四半期報告書はすべて、経済的な不安が高まる中、AIの生産性を高めるための努力を示している。

生成AIプログラムがテキストやコードの抜粋、コンピュータが生成したグラフィックなど、人間のような出力を再現するためには、かなりの量のデータと処理能力が必要だ。

テック業界はAIへの投資を加速する

Alphabet、Microsoft、Amazon、Metaの各CEOは、それぞれの決算説明会で、AIアプリケーションの開発・展開のための計画や金銭的投資について語った。

AlphabetのCEOであるSundar Pichai氏は、AI製品の生産に対する需要を認め、検索スキルを向上させるために生成的なAI開発を取り入れることを強調した。

Googleは検索以外にも、広告のコンバージョン率の向上や “有害なテキスト”の撃退にAIを活用しています。Pichai氏は、強力なプロセッサを提供するNVIDIAとの関係や、2つの主要なAIチームであるBrainとDeepMindの協力について言及した。

Microsoft CEOのSatya Nadella氏は、チャットボットの統合によりBingのダウンロード数が倍増したことを引き合いに出し、AIが収益拡大を促し、アプリの普及を促進すると強調した。MicrosoftがAIアプリケーションのために大規模なデータセンターへの支出を行うには、まとまった資金が必要になる。

AmazonのCEOであるAndy Jassy氏は、ゲームチェンジの可能性をもたらす最近の動向を紹介しながら、生成AIに関心を示した。

Amazonは、主にAI技術へのアクセスを販売しているにもかかわらず、独自のLLMの開発や機械学習用のデータセンターチップの作成など、必要なインフラ投資を行うことができる数少ない事業者として、そのリソースを活用する予定だ。

Jassy氏は、Amazon Web Servicesが開発者向けのツールを作成し、Alexaを含むユーザーエクスペリエンスを向上させるという抱負を述べた。

Metaが強調するメタバースとともに、CEOのMark Zuckerberg氏が強調したのは、AIの価値である。Zuckerberg氏は、同社が生成基礎モデルへのシフトと、機械学習の提案への活用を強調した。

MetaのAIへの取り組みは、Facebook MessengerやWhatsAppの会話機能、FacebookやInstagramの画像作成ツールなど、様々な製品に影響を与えることになる。

また、Zuckerberg氏は、AIインフラのためのデータセンター拡大への支出や、顧客サービスの自動化などAIエージェントの可能性についても言及した。

Alphabet、Microsoft、Amazon、Metaなどの大手テック企業は、自社の製品やユーザー体験を改善するために、大規模な言語モデルや人工知能に大きな投資をしている。

CNBCの報道によると、これらのハイテク企業は、AIの革命的な可能性を見て、急速に発展するこの産業の最先端に立つために膨大なリソースを投資している。

AIはポジティブなメディア報道を生み出したが、技術職の喪失も大きな問題になっている。

Crunchbase Newsの集計によると、2023年の時点で、米国に本社を置く、あるいは米国にかなりの数の従業員を抱えるIT企業の従業員136,569人が、レイオフの波で解雇されている。2022年には、米国の官民のハイテク企業が93,000人以上の雇用を削減した。


Source

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする