あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

GoogleはAIによるニュース記事製作ツールをテストしている

New York Times紙によると、Googleは「Genesis」というコードネームで呼ばれる新しいAI技術をテストしていると報じた。このツールは事実情報を取り込んで、ニュース記事を出力するタイプの生成AIツールであり、既にTimesやWashington Post、Wall Street Journalなどのオーナー会社であるNews Corprationのメディア部門幹部に向けてデモンストレーションが行われているという。デモを見た人たちによると、Genesisは与えられたデータに基づいてコピーを生成することができ、与えるデータは時事問題や他の種類の情報であるかどうかは問わないという。Googleは、ジャーナリストがこのツールをアシスタントとして使い、作業を自動化することで、他の仕事に専念できるようになると提案している。

しかし、デモに立ち会った人の中には、このデモを「不安なもの」と評し、正確で消化しやすい記事を書くための努力を見落としていると感じた人もいたようだ。ニューヨーク市立大学のJeff Jarvis教授(ジャーナリズム論)はTimes紙に対し、ジャーナリストは事実に基づいた情報を確実に伝えることができるのであれば、このツールを使うべきだと語った。しかし、Genesisはまだリリースされていないため、それが可能かどうか、あるいは誤った情報の拡散を助長する可能性があるかどうかは不明である。

この件に関して問い合わせたThe Vergeに対して、Googleは以下のような回答を述べているようだ:

ニュース出版社、特に小規模の出版社とのパートナーシップのもと、ジャーナリストの仕事を支援するAI対応ツールを提供する可能性について、アイデアを模索している初期段階にある。例えば、AI対応ツールは、見出しのオプションや異なる文体でジャーナリストを支援することができます。私たちの目標は、GmailやGoogle Docsで人々が利用できる支援ツールを提供しているように、ジャーナリストの仕事と生産性を向上させる方法で、これらの新しいテクノロジーを使用する選択肢を提供することです。端的に言えば、これらのツールは、ジャーナリストが記事を報道し、作成し、事実確認をするという本質的な役割を果たすことを意図したものではないし、それに取って代わることもできないでしょう。

とはいえ、AIツールを使おうとするいくつかの出版社による最近の試みは成功していない。CNETは、AIが執筆した記事のほとんどに重大な誤りがあることが発覚し、訂正記事を出さなければならなかった。米Gizmodoも間違いだらけのAI執筆記事を掲載するという問題に見舞われた。


Source

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする