あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

Google、広告主向けに生成AIによるコンテンツ作成ツールを展開開始

Googleは、広告主がBardチャットボットと同じテクノロジーを使ってAIが生成したコンテンツを作成できる新機能をテスト展開している。この機能は現在、Googleの広告主向けの「Performance Max」広告製品でベータ版として提供されており、米国の広告主はAIを使ってキャンペーン用のテキストや画像アセットを作成し、拡大縮小できるようになっているようだ。

Performance MaxはすでにAIを搭載しており、Youtube、検索、ディスプレイなど複数のGoogle製品にまたがって動作し、パフォーマンス・データを分析することで広告を最適化する。広告主はこの機能により、様々なGoogleプラットフォーム上で高品質でパーソナライズされたアセットを素早く作成できるようになる。

「アセット・バリエーションは、パフォーマンス・マックス・キャンペーンを成功させるための重要な要素です。アセットを作成し、拡大することは、クロスチャネルキャンペーンを構築し、最適化する上で最も難しいことの1つであると、皆さんはおっしゃっています。今、キャンペーン用の新しいテキストと画像アセットを数クリックで生成できるようになります」と、Googleのグループ・プロダクトマネジャーPallavi Naresh氏はブログ投稿で述べている。

ai image editor v5

BardやChatGPTのように、ユーザーがAIにプロンプトを送ると、AIが各企業独自の画像とテキストを作成する。マーケティング担当者は、公開前にシステムによって作成されたアセットを確認し、編集することができる。同じ広告のバージョンを作成したり、ゼロから新しい広告を作成するために使用することも可能だ。AIが生成した画像にはすべて目に見える透かしが入り、自動でタグ付けもされる。「システムが不適切で繊細なプロンプトに関与したり、ポリシー違反のクリエイティブを提案したりしないよう、ガードレールを設けています」と、GoogleはAI利用への懸念対応もアピールしている。

この機能は、マーケティング担当者が広告素材をより迅速に作成するのに役立つはずであり、もちろんGoogleがそれらの広告を掲載し、より迅速に収益を上げるのにも役立つ。新システムは現在ベータ版で、米国でのみ利用可能だが、2023年末までにはより広範囲に展開される予定とのことだ。


Sources

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする