あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

戦争とポピュリズムの時代にあって、世界は質の高い情報と信頼できる報道機関を必要としている。ローカルニュースはこの健全な生態系の一部である。

しかし、ニュース出版社は近年、収益を上げる方法を見つけるのに苦労している。特に、ソーシャル・メディア・サイトからの紹介トラフィックや広告収入が減少し続けているためだ

大規模なプラットフォームが独占的な力を持ち、ニュース配信を支配していることが、オーストラリアの競争当局が2021年にニュースメディア交渉規約を導入した理由のひとつである。

このコードにより、GoogleやMetaはオーストラリアの多くのメディア組織と取引を行い、プラットフォームがニュースに対価を支払うようにするにはどうすればいいかという長年の難問に対処した。この規約は、自国のメディア事業者への補償を検討している他国のテンプレートにさえなっている。

しかし、この場合の公正な補償とはいったい何なのだろうか?我々の新しい報告書は、GoogleとMetaがニュース発行者に支払うべき金額は、誰もが想像していたよりもはるかに大きく、テクノロジー企業自身が主張する金額よりもはるかに大きいことを示唆している。

オーストラリアのバーゲニング・コードが世界へ

オーストラリアはニュースメディア交渉規約を可決し、GoogleやMetaに多くのメディア組織と自主的な商業協定を結ぶよう働きかけ、新境地を開いた。

これは、ラ・トローブ大学のAndrea Carson教授が言うように、世界初の法案であった。

オーストラリア競争・消費者委員会によると、この規約に基づいて行われた支払いは、毎年総額約2億豪ドル(196億円)にのぼるという。他の政府もオーストラリアの法律に注目し、自国のニュースに対する支払いを得る方法を模索しているのは当然だろう。

インドネシア、ニュージーランド南アフリカスイスも同様の法律を検討している。日本はニュースコンテンツのオンライン配信に関する調査を実施し、9月にテック系プラットフォームがパブリッシャーへの支払いを低く抑えることは独占禁止法に抵触する可能性があると警告した

ブラジルでは、プラットフォームへの報酬に関する法律を導入しようとする動きがあったが、Googleからの大きな圧力により5月に頓挫した

米国では、3月に民主党のミネソタ州上院議員 Amy Klobucharが、ニュース出版社による団体交渉を認める「ジャーナリズム競争・保護法」を提出した。

そして6月、カリフォルニア州議会は、大手ハイテク企業に広告収入を報道機関と共有することを義務付ける「カリフォルニア・ジャーナリズム保護法」を可決した。しかし、この法案は2024年まで保留となった。

法律が通るかどうかにかかわらず、GoogleとFacebookはそれに反対し、いくつかの国で自社のプラットフォームからニュースを削除すると脅している。Facebookは8月にカナダで、2021年2月にはオーストラリアでニュースを取り下げた(その後しばらくして復活)。

GoogleとMetaは、ニュースはビジネスの中核ではないので、取りやめるか、または強調しないことができると示唆している。同時に、パブリッシャーへの少額の資金提供は続けているとの報道もある。

実際、ここ数ヶ月の間にさまざまな出版社で働く人々に行ったインタビューによると、Googleは最近、法規制を回避するためと思われるが、世界中の出版社への支払いを引き上げているという。

世界中のパブリッシャーは、オーストラリアと同様のプラットフォーム報酬法に基づき、自分たちが支払うべきと考える金額を推定している。しかし、これらの金額は、パブリッシャーがGoogleやMetaと直接取引をする際の秘密保持契約の下でカバーされている。

我々のワーキングペーパーは、GoogleとMetaが米国のパブリッシャーに支払うべき金額を推定した最初のものである。私たちの手法は公開されているので、チェックしたり再現したりすることができる。

その結果、米国では、GoogleとMetaは、年間110億米ドルから140億米ドルの債務をニュース出版社に負っていることがわかった。これは、私たちがインタビューや金額が公表された具体的な事例を通じて知っている、支払われた金額よりもはるかに多い。

剰余価値を公平に共有する

私たちの研究とその結論の核心は、経済学者が「剰余価値」と呼ぶものである。重要なのは、相互作用から生み出される価値は、両者が単独で活動する場合よりも大きいということである。

デジタルプラットフォームは、パブリッシャーが提供する多様で信頼できるタイムリーなニュースコンテンツによって利益を得る。これによってユーザーのエンゲージメントが高まり、広告主にとって魅力的なプラットフォームとなる。ニュース出版社は、コンテンツを配信できる手段を見つけることで、より多くの読者にリーチできるというメリットがある。

私たちの方法論は、プラットフォームとパブリッシャーの相互作用から生み出されるこの追加的な剰余価値を発見し、交渉の経済学と過去のベンチマークからの洞察を用いて、ニュースパブリッシャーに支払うべき「公正な」支払いを算出した。

われわれの方法論は透明性が高く、再現可能であり、分析対象の市場や地域に応じて基礎となる仮定を柔軟に変更することができる。この報告書によって、GoogleやFacebookなどの大手デジタルプラットフォームがニュース出版社に支払うべき支払いをめぐる議論が広がることを期待している。

プラットフォームとメディア企業間の取引が公正かつ透明であること、そしてパブリッシャーが団結して交渉に臨むことは、これまで以上に重要である。交渉が集団で行われることで、より多くの価値が生み出される。


本記事は、Anya Schiffrin氏とHaaris Mateen氏によって執筆され、The Conversationに掲載された記事「Why Google and Meta owe news publishers much more than you think – and billions more than they’d like to admit」について、Creative Commonsのライセンスおよび執筆者の翻訳許諾の下、翻訳・転載しています。

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする