あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

GMSamsung SDIは、GMの電気自動車に搭載するために、30億ドルをかけてバッテリーセル工場を米国に新設するために提携すると発表した。

これまで、バッテリーセルの供給はほとんどLGと提携していたGMにとって、これは大きな変化だ。

ここ数年、GMは電気自動車への移行をサポートするため、米国でのバッテリー製造に多額の投資を行っていた。

具体的には、GMは、これまで、韓国のLGと提携し、米国で電池セルを製造する新しい合弁会社「Ultium Cells」を設立している。この提携により、米国ではすでに3つのバッテリー工場が生産・建設段階に入っている。オハイオ州に1つ、テネシー州に1つ、そしてミシガン州に1つだ。

GMとLGは、米国第4のバッテリー工場建設に取り組んできたが、GMとLGの協議が進まず、米国での新しいバッテリー工場の計画が「無期限」に保留されていることが1月に報道された

現在、GMはSamsung SDIと提携し、米国に新しいバッテリーセル工場を建設することを発表している:

General Motors Co.とSamsung SDIは、2026年の操業開始を目標に、30億ドル以上を投じて米国に新しいバッテリーセル製造工場を建設する予定であると発表しました。

GMはプレスリリースで、新工場の生産能力は「30GWh以上」と発表しており、これによりGMの米国における総生産能力は約160GWhとなる。

興味深いのは、GMとSamsungが、”ニッケルが豊富な角型セルと円筒型セル”の両方を製造する生産ラインの構築について話していることだ。

GMのエグゼクティブ・バイスプレジデント、グローバル製品開発・購買・サプライチェーン担当のDoug Parks氏は、次のようにコメントしている:

私たちは、GMのウォレス・バッテリー・センターと技術パートナーによって開拓された新しいアプローチを用いて、生産規模の拡大と、性能、航続距離、コストに関するパウチセルの化学的最適化を継続していきます。新しいセルのフォームファクターを導入することで、さらに多くのセグメントへ迅速に進出し、セルをバッテリーパックに直接統合して重量、複雑さ、コストを削減することができます。複数の強力なセル・パートナーを持つことで、私たちは単独で行うよりも早くEVビジネスを拡大することができます。

GMとSamsung SDIは、新工場を米国のどこに設置するかはまだ公表していない。操業開始は2026年を予定しているという。


Source

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

コメントする