あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

Gartnerは、ChatGPTを初めとする生成AIがハイプ・サイクルのいわゆる「流行期」のピークに達したと発表した。「ハイプ・サイクル」とは、Gartnerが考案した特定の技術の成熟度、採用度、社会への適用度を図示したものだ。ハイプ・サイクルは「黎明期(技術の引き金、Innovation Trigger)」、「流行期(過剰期待の頂、Peak of Inflated Expectations)」、「幻滅期(幻滅のくぼ地、Trough of Disillusionment)」、「回復期(啓蒙の坂、Slope of Enlightenment)」、「安定期(生産性の台地、Plateau of Productivity)」という、5つのセグメントに分けられる。

2023 ethc

同社はまた、生成AIを水色の丸で示しているが、今後2~5年という比較的短い期間で「安定期」に到達するとしている。同社が2~5年で安定期に達するとしている他のテクノロジーは、AI-Augmented、Cloud Sustainability、Causal AI、Postquantum Cryptography、GitOpsなどである。

ハイプ・サイクルによると、生成AIへの期待は今が最も高い。幻滅期を通過し、人々が生成AIにまつわるすべての限界を知り、目新しさが薄れるにつれて、まもなく期待は急落する可能性がある。

他のEmergent AIテクノロジーについて、Gartnerはこう書いている:

生成AIに加え、他のいくつかの新たなAI技術は、デジタル顧客体験の向上、より良いビジネス上の意思決定、持続可能な競争上の差別化の構築に計り知れない可能性を提供する。これらの技術には、AIシミュレーション、因果関係AI、連合機械学習、グラフ・データ・サイエンス、ニューロシンボリックAI、強化学習などが含まれる。

Gartnerによると、幻滅期では、実験や実装がうまくいかず、成功したプロバイダーにしか投資が流れないため、ジェネレーティブAIへの関心が薄れ始めるという。

ただし、Gartnerのハイプ・サイクルはかなり主観的なものであるため、生成AIのハイプ・サイクル上の位置づけは、正確なものというよりむしろあいまいな推定であることは注目に値する。とはいえ、Gartnerがこのテクノロジーをどのような段階にあり、主流に採用されるまでにどれくらいの時間がかかると考えているのかを見るのは興味深い。


Source

タグ

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする